ピックアップ・ブンゲイ
人気のブンゲイ
最新のブンゲイ
観相師・景春
秀吉の北条攻めの際、圧倒的な軍勢が北条方の上九沢城に向かっていた。上九沢城主の景春は、無駄死になるので城を明け渡そうとした。しかし徹底抗戦するという機運になり、指揮権は長男の景元に移った。観相術に長け武将には向いていない景春は、妻の久代たちと城を出ることになった。北条攻めが終わる頃、観相学に造詣が深い真田方の長野原城主の湯本善光が招かれることになった。そんなある日、空から得体の知れないものが領内に落ちた。探索に乗り出した景春は、金属質の虫を発見し、その虫にとりつかれ寝込むが、以前よりも元気になって回復した。秀吉の死去を経て、関ケ原の合戦が迫り、景春は江戸に避難することになった。江戸では、真田の残党とされ襲撃を受けるが撃退した。それが元で、景春は江戸城南郭の御文庫に幽閉され、久代と次男・景親は、江の島に逃れた。景春は、御文庫の書物が読めるものの、徳川家に仇なす人物の観相をする役目を負わされた。大坂の陣が収束し、景春は一時的に幽閉を解除され、江の島に向かうが、愛する妻の久代は亡くなっていた。ショックだった景春は、自分は死んだことにした。数年、江の島で暮らすが、観相術や書物が読みたくなり、自分の三男を装って御文庫に戻った。ところが家光が将軍職を継ぐ頃にお役御免となった。景春は、口入屋を始めるが、観相のお役目はやらされていた。島原の乱を経た頃、見世物小屋で切断した手がつながるお由を目にした。景春は、指を斬り落とした時に自然に生えてきたので関連性があると思った。お由は、永遠の命を持ち生き地獄から解放されるために火あぶりの刑になった。お由の亡骸から金属質の虫が出てきて、景春も永遠の命だとわかった。数年後、江戸で大火が起きた。景春の店も焼かれ、瀕死の女中のお志奈とその娘お咲とともに死のうとしたが、久代の声がして、我に返り、生きる決心をした。お志奈に託されたお咲と店を再建し始めることにした。
クニノキチ
2020/10/25
歴史・時代
完結済み / 全12話
蛙(カワズ)
うちの近所には、蛙が沢山います。 冬や秋などの涼しくなってきた季節や、冬眠期はそうでもないのですが、春、夏となると、交尾相手を探す蛙、産卵する為に水辺に向かう蛙、冬眠から見ざめた蛙で、近くの公園や、その周辺の道は、そこいら辺中に蛙座っています。特に、夜などは気を付けないと自転車で引いてしまいそうで、ご近所さんは、皆さん冷や冷やしています。 さらに、公園の中は、よく整備され蛇などもおらず、天敵のいない状態で冬眠を繰り返した蛙たちは、体が大きくなりすぎ、軽やかに跳ねる事もできず、道の真ん中でじっとしているか、のっそろのっそり歩きます。夜道だと蛙なのか、落ち葉なのか、落ちている軍手なのか…。何がなんだか分かりません。 ただ、前述したように、それぞれの蛙は異常に巨大に育っており、何処かの沼の「主」クラスが集まったといってもいいようなレベルです。 私も、特に蛙が好きというわけではないのですが、あまりにも立派なのを見つけると、ついつい彼等のゆっくりとしな動きや、つぶらな眼差しに見入ってしまいます。すると、生きる者の力というのか、長年生き抜いた生物というものは、どんな生物にしろ、ある種の威厳のような物を放っているような気がするんですよね。 そうなると、やっぱり、「蛙の皆さん方は、私達をどんな風に見ているのかな?」なんて気になっちゃうじゃないですか。 …ってな感じで書いた作品です。結構短いので、作業の合間なんかにも読みやすいと思いますので、楽しんでいただければ嬉しいです。
植原 剛
2020/10/25
ファンタジー
完結済み / 全1話
君のいる場所 
『花に纏わる、少し切ない純愛物語』 この物語の主人公である橋本哲也は、大学1年生の春、後藤幸恵という女性と出会い、人生で初めての恋愛をする。大学生活のほぼ全てを彼女と過ごした彼であったが、卒業を間近に控えた大学4年の1月に、突然彼女から別れを告げられる。その本当の理由を知らずに社会人になった彼は、5年が経ったある日、会社の同僚との旅行中に訪れた新潟で、偶然出会った幸恵の妹の加奈から、幸恵が既に亡くなっている事を告げられる。そして、哲也は幸恵の死の原因を知る為に、再び新潟の地を訪れ、そこで加奈の口から幸恵の別れの言葉が偽りであった事と、真実を記す幸恵の日記を渡される。それを読み終わった時、彼は事実に気付かなかった自分を責め、深く後悔する。そして、哲也が幸恵の墓が建つ野原で、彼女の好きだった雪椿の花に気づいたその時、一度目の奇跡が起きる……。 ※いつかは小説を書いてみたいと思いながらサラリーマン生活をしてましたが、不意に、この物語の筋書きが頭に浮かんで書き始め、これが私の初めての作品となりました。最後のシーンは、少しでも読者の皆様の心に残ればと思い、何度も改稿を重ねました。よろしくお願いいたします。
浅見とも
2020/10/25
恋愛
完結済み / 全49話
公式のブンゲイ
電子のブンゲイ
紙のブンゲイ

ステキストア

ステキな本の出版社