終天の青春
ファンタジー 全6話 連載中
あの青春は人生で一番美しく、淡く儚い初恋だった。 卒業式の夜、雪が降った。そして路上に倒れた君と出会った。 それが僕達、涼川澪と綾瀬詩織の出会いで、初恋だった。 新しく通うはずだった高校を怪我が原因で遅れて入学することになった澪。 そこで偶然あの時の少女、綾瀬詩織と再会を果たす。 しかし彼女は「学校で、私とあまり関わらない方がいいと思いますよ」と敬遠されてしまう。 言葉の本意は分からなかったが、澪は自身の心に宿った恋心を抑えられず詩織と積極的に接していく。 二人の距離は徐々に縮まっていき、同時に詩織の抱える異質な面に澪は違和感を覚える。 次第に迫っていく彼女の正体。 頭を過ぎるのは昔灯台で目撃した炎を纏う鳥。 この恋の行方は、一体どこへ繋がっているのだろう。

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません