とあるMr.brightside?
0
0
デビュー ステキユーザー
青春 全6話 連載中
「恋をしたことがあるかい?」 「答えは別にいいよ」 「賞味期限切れの想い出だね」 「たわいのないことでいいから続いてて」  野良猫みたいに、路上の片隅で  ビルの隙間から射す光に照らされて  そこで交わした言葉は  売りにだしたらいくらですか?  たわいもないけど  たいしたことじゃない日常のシーンだけど  きっとかけがえないの気がして  だから、ありがとう。  これはとある、ありふれた景色の中の片隅の思い出。  それをカタルだけのストーリー。

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません