蛮神
有楽

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

大樹の拘束から解かれた藤村は、有楽と呼ばれた女の足元に這い寄る。 「ああ、有楽様! 助けに来てくださったのですね!」  恍惚としたその顔を、しかし有楽は、ハイヒールのつま先で蹴り上げた。仰向けに倒れた藤村の顔を、今度は踵で容赦なく踏みつける。 「馬鹿言わないで。この私が、おまえごとき下賤のもののために動くものですか。私は『神』の気配を感じて来ただけよ」  そうして有楽は、雫を見て、分厚くぬめった舌で赤い唇を舐め取る。 「そして、ビンゴ。お久しぶりねぇ、お嬢ちゃん。何千年ぶりだったかしら?」 「……そんなに前じゃない。おまえが私から宝珠を奪ったのは、ほんの十年前だった」  会話の意味が分からず、耀と静彦を見る。だが静彦もまた、意味が分かっていないようだった。  有楽の唇が愉しそうに歪んだ。 「あら。奪ったとは人聞きの悪い。あれは先代の『水神』の器が私に預けたものよ。あのくそったれな村から逃げるためにね」  雫はカッと目を見開き、烈しい口調で叫ぶ。 「嘘よ! 『兄様』が、私のことを置いていくはずがない!!」  あはは、と有楽が高らかに笑う。 「あんたにだって、本当は分かっているんでしょうにね──まぁいい」  有楽が、一歩ずつ雫に近づいてくる。まだ距離は遠いのに、それだけで圧迫感を感じ、耀の額に冷たい汗が流れた。有楽の力は未知数だ。だが、これまで会った誰よりも強いことだけは間違いないと、本能が言っている。耀は──身体の内から沸々と、まるでマグマが湧くように、滾る己を感じていた。ドクンドクンと、全身で歓びに血が脈打つのが分かる。耀が何よりも求めていた、それは死闘の気配だ。手の中の剣が脈動している気がする。剣と耀の脈動が合わさり、同調する。耀のものとも『蛮神』のものとも分からない声が頭の中に谺する。  ──戦いたい。戦いたい、戦いたい、戦いたい。この身が塵と滅ぶまで──!  そんな耀の肩を引っ張る手があった。静彦だ。 「耀。逃げるぞ、今の疲弊した俺たちで勝てる相手じゃない」  逃げる。それは、耀の中に滾る熱情には、あまりにそぐわない言葉だった。胸の闘志は、すでに心の臓を焦がし、もはやいてもたってもいられない。耀は抱いていた雫を地面におろした。 「おまえが雫を連れて逃げろ、シズ。──俺は、戦う!」 「耀!? 馬鹿、敵う相手じゃない……っ!」  静彦の声を背後に聞きながら、耀はすでに駆け出していた。弾丸が放たれるような速度、目の横で景色が凄まじい速度で流れていく。とうてい普段の耀に出せる速度ではない。剣を握った手が熱い。かつてないほど、『蛮神』と同調している己に自覚はある。  耀の目に映るのは、ただ有楽のみ。嫣然と微笑うその紅い唇に惑わされることはない。それは耀にとって、ただ『敵将の首』、狩るべき獲物にすぎなかった。  一瞬にして距離を詰め、その白い首に剣を振り下ろす──はずだった。否、実際に振り下ろした。だが、まるで鋼鉄を斬ろうとしたかのように、剣ごと弾き飛ばされ、背から地面に落ちた。  本能で立ち上がり、飛び退れば、先程まで耀が倒れていた地面が抉れる。見れば、有楽が人差し指をブラブラと振っていた。その遊びのような指の一振りで、耀に攻撃をしたらしい。  有楽は綺麗に紅く塗られた爪を、唇に当て、うっとりと微笑う。 「ああ、思い出した、その剣。遠い、遠い昔に会った、外つ国から来た神。なかなかの良い男だった。一夜くらいお相手願いたかったけど、そこのお嬢ちゃんと『水神』に入れ込んでたのよねぇ。まぁ、戦うのは戦うで、刺激的で良かったけど」  そして、耀の姿を矯めつ眇めつする。 「ふぅん。今回の器はまだお子ちゃまだけど、面差しは似てるじゃない。育てば、いい具合に『彼』に『成れる』でしょうね。見る目あるじゃない、お嬢ちゃん。──生贄を見る目が、ね」  雫が目をそらす。生贄、という言葉の意味は分からなかった。  だが、耀の脳裏に浮かぶ光景がある。それは『蛮神』の記憶だ。  それは、深い森の中だった。澄んだ小川の水面を日差しが照らして輝き、その畔には背の高い青年と、まだ幼い少女が手を繋いで立っていた。二人は兄妹なのだと知っている。二人を、その繋いだ手に宿る絆を、何より尊いものだとそう思った。  『蛮神』の記憶の中の兄妹が、耀の脳内で、背後の静彦と雫に重なる。  ──戦いたい。守らなければ。戦いたい。守りたい。戦って、守る。  全身の血が沸騰するように熱くなる。剣もまた燃えるように熱く、剣と身体は、同じ脈動を打つようだった。  耀は地面を蹴り、再び剣を振る。今度の一閃は、有楽の頬に、ほんの一筋傷をつけた。ひと雫の血が有楽の頬を流れ、有楽はそれを愉しそうに舌で舐め取った。 「──へぇ?」 「有楽様!」  有楽に蹴り飛ばされたまま起き上がれもせずにいた藤村が、悲鳴を上げる。  有楽が指を鳴らす。それだけで、藤村の身体が一気に膨れ上がった。それはまるで、筋肉でできた球体のような奇怪な姿だった。 「藤村。私はこっちの坊やと遊ぶから、お嬢ちゃん達を逃さないように」 「──はっ」  藤村がその巨体からは考えられない疾さで雫に飛びかかるのを、静彦の刀が止めた。獣のごとく伸びた藤村の爪と、静彦の刀が鍔迫りあいになる。だが、静彦は力で押し負けていた。だが、そんな劣勢の中でも、静彦は耀に向けて声を上げる。 「耀! 『蛮神』と同化しすぎるな! 危険だ! 今は逃げることを優先しろ!」  逃げる? 冗談じゃない。『前回』は仕留めそこねた。それでこんなことになっているのだ。『今回』こそ、仕留める。  思考を『蛮神』のそれに上書きされていく。かつて、古い古い時代、『蛮神』は有楽と対峙した。その時の記憶が蘇る。有楽の姿は変わらない。纏っている衣こそ当時は粗末な麻の襤褸だったが、その豊満な身体も、妖艶な唇もそのままだ。  そんなはるか昔の再演のように、耀は剣を構えた。 「耀!」  静彦の声が、どこか遠い。周囲の動きが、やけにゆっくりと感じられた。耀は──あるいは耀ではない誰かは、剣を振り上げる。目の前の美しい女の脳天目がけ、それを振り下ろそうとした瞬間。女が悪戯な笑みとともに頭上に掲げた、その透き通った水色の珠の輝きが目に入る。同時に、何かが身体に絡みつき、地面に引き倒された。有楽ではない。耀は有楽の気配の一挙一動を見据えていた。針の先程の動きであろうと見逃さなかっただろう。  耀の身体を拘束しているのは、植物の蔓だった。振り返れば、雫が青ざめた顔で立ち尽くしていた。 「耀……その宝珠を壊さないで。それは、それは私の大切な……」 「『お兄様』の核、ですものねぇ」  有楽がコロコロと笑い声を上げる。そして、眼光を鋭くした。 「私とともに来なさい。そうしたら、この宝珠はあなたに返すと、この有楽の名にかけて約束しよう」 「……っ」 「迷うことなんかないでしょう? 兄神と『蛮神その友』を取り戻すために、何人もの生贄を犠牲にしてきた無慈悲な姫神よ」  話の意味は分からなかった。だが、雫が動揺している気配がして、耀は拘束を振りほどこうともがき、全身を巡る力をさらに高めようとした。  が、その時だった。凄まじい激痛が耀を襲った。 「がぁ……っ!! ああ、あ、ああああっ!!」  まるで、全身を粘土のように捏ねられ、無理やり作り変えられているような痛み。全身が焼け付くようだ。 「耀っ!」  いまだ藤村と鍔迫り合いを続けていた静彦は、覚悟を決めた瞳で唇を引き結んだ。一瞬の後、静彦の刀が青く輝く。同時に、静彦の腕が青く変色していき、その肌に鱗のような紋様が浮かんだ。その瞳もまた、水の青に染まっていく。 「──どけ」  静彦の声で、『誰か』が静かにそう言う。  先程までの苦戦が嘘のように、藤村はあっさりと弾き飛ばされた。静彦の身体がふわりと浮くように跳び、耀の傍に降り立った。耀の額に、掌が当てられる。それはまるで死人のように冷たい感触だった。 「友よ。再びの眠りにつけ。君はその少年を壊すべきではない」  耀の身体に流れ込んできたのは、凪いだ湖が僅かに風にさざめくような、優しく澄んだ力の流れだった。痛みが引いていく。身体が、意識が、耀自身の輪郭を取り戻していく。  まだ荒い息をつきながら耀がなんとか顔を上げると、静彦の頬の半ばまでが青い鱗の紋様に覆われていた。静彦はまっすぐに雫を見ていた。雫は泣きそうな顔で、静彦に駆け寄ろうとする。 「──『お兄様』」 「愛しき我が妹よ。もうやめろ。もう、過去への妄執にとらわれるな。おまえは前に進め」  そう言った後、静彦の肌を覆っていた青い鱗は消え失せ、静彦は地面に膝をついた。 「……なんで、そんなことを言うの……」  雫は泣きじゃくる。  耀はわけも分からず、苛立ちから舌打ちをした。 「なんなんだ。なんなんだよ、一体これは。俺の身体は何がどうなった。シズ、おい、おまえ大丈夫なのかよ」  静彦が、苦しげな息の中から、僅かに目を見開いて耀を見る。その表情からは、すでに先程の超然とした雰囲気は失われていた。 「耀……おまえ、聞いていなかったのか」 「だから、なにがだっつーの!」  カツン、とヒールを鳴らしたのは有楽だった。紅い唇を愉しげにひん曲げて目を細め、彼女はにんまりと笑う。 「説明してあ・げ・る。古き神の魂魄はそりゃあ強大でね。一旦同調してしまえば、人の魂など耐えられるものではないわ。力を使い続ければ、どんどん人格が飲み込まれていく──乗っ取られていく。そして、そこのお嬢ちゃんの目的は、あなたを生贄に『蛮神』の人格をこの世に取り戻すことなの。そして、そこの可愛い顔した坊やを生贄に『水神』を取り戻す。そのためには、この『水神』の宝珠が必要ってわけ」  嫋やかな手の中で、宝珠が弄ばれる。それを雫は唇を噛み締めて見つめていた。 「『水神』の器の坊やは承知の上のようだけど、『蛮神』のキミは、どうやら知らずに利用されたみたいね? 悪辣だこと、どっちが鬼なんだか」 「──『兄様』を! そして『蛮神』の身体を、砕いて失わせたのは貴様だろう!」  雫の激昂に、有楽はびくともしない。 「何千年前の話よ? 時効でしょ、じ・こ・う」  周囲の木々がざわめき出す。雫の怒りに、憎しみに反応しているのだ。 「『蛮神』の生贄の坊や。もう一つ、このお嬢ちゃんの嘘を教えてあげる。このお嬢ちゃんはね。姫神の器なんかじゃないの。姫神そのものなのよ。この幼い身体で、何千年も生きてきた、正真正銘の古き神」 「え……」  耀は呆然と雫を見る。雫は泣きそうな顔で、下を向いていた。 『──光吉村にも私の遊び相手がいたの。そう、何人も、何人も──。でも、みんな、私を置いて行ってしまう』  かつての晩聞いた、雫のそんな言葉を思い出す。  それが、何千年もに渡る彼女の生において、沢山の人の命を見送ってきたと、そういう意味だったとしたら。  それはとても、孤独なことに思えた。 「あら? それは、『水神』の坊やも知らなかったみたいね」  振り向けば、静彦も呆然とした顔をしていた。有楽はため息をつく。 「このお嬢ちゃんの悪辣さに比べたら、私なんて可愛いもの。今や、宮仕えの身だもの。──森は開発し尽くされ、街灯が夜闇を照らす時代。もはや鬼とて人と関わらずには生きられぬ。まつろわぬが鬼なれど、時代の趨勢とはかくも残酷なものよ──って、色々交換条件つけて、なんだかんだ好きなようにやってるけど?」 「宮仕え──だと?」  思わず聞き返した静彦に、有楽は頷いた。 「そうよ。その時々で政府に協力しているの。藤村に力を与えてやったのは、文部科学省の依頼ね。校内暴力といじめ問題の沈静化のために、この学園を実験台にしたわけよ。──まぁ、もう十分データが取れたのと、藤村が勝手な行動を取り始めたことから、この実験はさっき中止が決まったわ」  そんな、と藤村が悲痛な声を上げようとした時、有楽は指を鳴らした。膨れ上がった藤村の身体が、そのまま破裂した。血と肉が飛び散る。  耀の一部は、血の匂いと、そのあまりに簡単な死を慣れ親しんだものと認識し、別の一部は激しく嫌悪した。 「で、別口の依頼も来てるの。それは、古き神の大いなる力を政府に集めること。それは未だ姿を変えて夜の世界に跋扈するあやかし達に政府の権威を示すためだけど──植物を操るお嬢ちゃんの力なら、緑化に薬学研究、色々応用が効く。政府も欲しがってるの。光吉村の連中、年々、姫神の力の報酬を吊り上げていくもんだから、政府にも強硬派がいてね。こうして獲物が口の中に飛び込んできてくれたのも、何かの縁。一緒に来てもらいましょうか」 「──行くわけがないでしょう!」  雫は自分の身を庇うようにして叫ぶが、有楽は肩をすくめる。 「来てもらうのよ。無理矢理にでもね。なんで私が、こうも長々とおしゃべりをしていたと思うの」  有楽がそう言った途端、黒塗りの車が何台もその場に集まり、全方向を塞ぐ。車からはわらわらとスーツ姿の男たちが下りてきて、雫を取り囲んだ。 「……しず、く……っ」  耀は力の入らない手で剣を握り、なんとか起き上がろうとする。  それを有楽は蔑んだ目で見下した。 「呆れた。騙されてたんだって教えてやったのに、まだこの娘を庇う気? ──ああ、まだ『蛮神』が残ってるのかしら」  次の瞬間、ハイヒールの踵に踏みつけられ、耀の右手に強い衝撃と痛みが走る。 「ぐあ……っ」  思わず剣を取り落した。その剣を有楽が拾う。必死に睨みつけるが、待て、やめろ、という声さえ痛みで言葉にならない。  次いで、有楽は静彦に歩み寄り、やはり力の入らない様子の静彦から刀を奪った。雫を振り向いて微笑う。 「さ、生贄くんたちにさよならを言ったら? 新しい適合者は政府が探してくれるわよ、あんたがいい子にしてたらだけど」  そんな言葉を合図にしたように、黒服の男の一人が雫の肩に手をかける。うつむいていた雫が顔を上げ、耀を見る。その瞳に涙が光っていた。 「耀ぅ……っ」  雫は男に引きずられるまま、黒塗りの車に押し込まれていく。 「し、ず……」  エンジン音が遠ざかり、後には沈黙とともに、耀と静彦のみが残された。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません