ラブソングで描けない僕ら
0
0
ステキユーザー 新人作家
恋愛 全20話 連載中 第3回ステキブンゲイ大賞応募作
バンドマンになる夢を諦めた洸は、とある日浅草で不思議なオーラを放つ女性を見かける。彼女は観光地の端っこで、一人飛ばない鳩を眺めていた。それが二人の出会いだった。  その女性、優璃は心に刺さるラブソングを作り続け、やがて若者を魅了するシンガーソングライターになり、洸と「友達」として一緒に暮らすことになる。  一方で、洸は優璃に一目惚れしてしまうが、なかなか恋人関係になることができないもどかしさを抱えていた。優璃にその気がないことは分かっているが、男としてどうしても踏み出したい一歩があった。  日常の中に潜む恋愛感情を、上手に汲み取りながら二人は成長していく。その度に、洸は優璃を好きになってしまう。  届かせたいけど届かない。結ばれたいのに結ばれない。揺るぐことないこの社会の中で苦悶する洸の生き様を描いたラブストーリー。 ※読みやすいように、段落ごとに改行しています。

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません