鎮守の森の糸【BL版】
BL・ブロマンス 全1話 完結済み 第1回ステキブンゲイ大賞応募作
<キャッチ> 捕らえたのか、それとも捕えられたのか―― <あらすじ> 人生に疲れていた小説家、棚橋真史は、深夜二時に神社の森の中で青年と出会い、彼を自分の家に招き入れた。 自分が誘ったのか、それとも青年に誘われたのか。真史は、青年の手を取り、そして引き寄せる。 体を合わす中で真史が見たものは。 ※一話完結 7133字 ※カクヨムで公開しているものを大幅に改稿したものです。 ※多分に漏れず、濃厚接触があります。ソーシャルディスタンスに気を付けましょう。

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500
たいら ごう(平 剛) 2020/10/31 15:55

>花菜子さま お読みくださり、ありがとうございました^^ 異類婚姻譚になるかと思いますが、こちらは妖しい魅力を、「夏の~」は幼い魅力を目指しました。 お褒めいただき、嬉しい限りです!

花菜子 2020/10/30 15:09

「夏の終わり~」とこちらを読ませていただきました。こちらの方が妖しげな雰囲気があって好きです。異類婚姻譚…になるのか、ファンタジーが確かな筆力で書かれていて、どちらも短いのに心に刺さりました。