作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 しばらくたったある日、みづきさんが言った。 『今日は、〇月×日だったな』 「そうですけど、どうかしました?」 『今日が“事件”があった日なんだ』 「え?そうだったんですか?じゃあ、じゃあ、みづきさんの』 私は続く言葉を飲み込んだ。 でも、みづきさんは構わず続きを口にした。 『わたしの、命日だ』 「う……(言われちゃった)」 『今さら、気にするな。ところで、今日はバイトは休みなのか?』 「うん。今日と明日はお休み」 『それなら、連れて行ってほしいところがあるんだが、頼めるか?』 「いいですよ。今日は、どこです?」 みづきさんは、ちょっと遠いがと前置きして隣の市にあるお寺の名前を口にした。    「お寺?」 『ああ。父方の墓がそこにあるんだ。だから、わたしも“そこ”かもしれないと思ってな』 「お墓参り、行くんですか?」 『墓は嫌いか?』 「いやいやいや。そうじゃなくて」 『わたしが、自分の墓参りすることになるのが気になると?』 「ぶっちゃけ、そうです」 『気にするな、といっても気になるだろうが。まだ、そこに入っているとは限らないし。少なくとも、わたしのじいさんとばあさんは入っているんだ。その墓参りに連れて行くと思ってくれ』 たしかに、みづきさんのおじいちゃんとおばあちゃんは確実に埋葬されているから、その墓参りといえばそれまでだけど。 でも、なにも自分の命日に行かなくても。 そうは思ったけれど、みづきさんの頼みをかなえるため、私はいつも通り原チャリを走らせた。 途中で花屋さんに寄って花を買い、少し長さを短く切りなおしてもらった。 そしてペットボトルの水を買い、お寺に向かった。 駐車場の端に原チャリを停めて花と水を持ち、みづきさんの道案内にしたがってお墓に向かった。 『この列の、一番向こう側がウチの墓だ』 石畳の上を歩いていくと、言われたお墓の前に人かげが見えた。 「みづきさん?だれか来てるみたいですけど」 『そうだな。誰だろう?』    お墓のほうを向いているので、顔はわからない。 おそらくは中年?の男性のようだけど。 (な~んか、見覚えがある気がする)そう思いながら近づいていくと、気配を感じたのかその人が私の方を見た。 「え?え?え?と、父さん?なんで、ここにいるの?」 「瑞希こそ、こんなところに、なんでいるんだ?」 その人と私は、ほぼ同時に言った。 まさか父さんに、こんなところで会うなんて!! いや、えっと、なんで?もだし、どうして?もだけど。 どこから、ツッコんだらいいの?? 困惑している私を、更にびっくりさせる声が頭の中に響いた。 『ま、正志??』   続

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません