作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「わかった。そういうことだったら。大切につかうね」 「ああ。いろいろ世話になったな」 「ううん。私も、みづきさんにいっぱい助けてもらったもん。なんだかお姉ちゃんができたみたいで嬉しかった」 「そうか」 「うん。あ、ねえ、母さん?」 「なあに?」 「母さんも“みづきさん”のこと知ってるって、父さんが言ってたけど。何で知ってたの?」 母さんが父さんの方を見た。 父さんは一度うなづいて、私の方を向いて話しだした。    「とうさんが若いころ、みづきと婚約していたのは知ってるな。そして、事件が起こった。あの時父さんはみづきを亡くしたショックで、もう誰とも結婚しないと決めてたんだ」 「……誰とも?父さん、そのときいくつだったの?」 「27歳、だったかな。それから10年経った頃に、部長から見合いを勧められた。最初は断ったが『一度会うだけでいいから』と言われて、会うことにしたんだ」 「それが、母さん?」 「そう。会って、直接断ろうと思ったんだ。みづきのことが忘れられないから、結婚はできないと」 「ほんとに、言ったの?」 母さんが、続けた。 「そうよ。父さんったら、お見合いの席で『若い人だけで、どうぞ』って2人だけになったとたん、『ごめんなさい』って謝るの。『どうしたんですか?』と聞いたら、『僕はあなたとは結婚できません』って。だから『どういうことですか?』って聞いたのよ。だってお見合いに来てるのに結婚できないとか、矛盾してるし。そうしたら“みづきさん”のことを教えてくれたの。忘れられない人がいるからって」 「そのとき母さんは、どう思ったの?」 「正直びっくりしたわ。呆気にとられるというか。でもね、母さん、それがきっかけで父さんと結婚したいと思ったの」    「へ??どうして?びっくりしたんでしょ?いわゆる元カノの話を聞かされてるんだし」 「だって、そんなに一途にひとりの女性ひとを愛してるなんて、素敵じゃない。だから言ったの。『その方のことは、これからも愛し続けてください。そして私とは“家族”になってください』ってね」 「逆プロポ……」 母さんにそんな一面があるなんて、初めて知った。 「父さんは、最初は断ってたのよ。年齢差もあるしって。でも根負けして、母さんを受け入れてくれたのよ」 父さんの方を見ると、照れくさいのか窓の方をむいている。 「そして、結婚して生まれたのが、あなたよ」 私の誕生に、そんなドラマが隠されてたんだと思ったら、ちょっとうるっときてしまった。   続

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません