作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 私は机の上に畳んだタオルを置き、その上にポケットから出したブローチをそっと置いた。 洗面器の水を含ませた歯ブラシで、ブローチの泥汚れを落とそうとした時にみづきさんが言った。 『そんな面倒なことをしなくても。洗面器の中でジャバジャバふり洗いをした方が早いぞ』 「ええ!そんなことできないよ。もしもこわれちゃったりしたら、もったいないし」 『わたしは別に気にしないが』 「私が気になるの」 洗面器の水をつけた歯ブラシで少しずつブローチの泥汚れを落としていく。 みづきさんの話だと、メッキものではないらしいのではがれる心配はない。 「だいぶ綺麗にはなったけど、細かい部分が歯ブラシでは落としにくいよ」 『絵筆みたいなものはあるか?』 「あ~学生時代のが残ってるかも。ちょっと探してきます」 部屋を出て、物置に向かう。 親も私も、モノを取っておくクセがあるのだけど、こんな時に役に立つとは思わなかった。 ちゃんと洗って保管していたけれど、洗面所でもう一度洗ってから部屋に戻った。    「こんなのでもいいの?」 わたしはみづきさんに筆を見せた。 『十分だ。今度はブローチを水につけたまま、筆でなでてみたらいい』 もくもくと作業を進める。 しばらくして水からブローチを出すと、きらきらと輝きを取り戻していた。 タオルの綺麗な部分で水気をふき取る。 「綺麗……」 みづきさんが説明してくれたように、小さくて羽が網目状で目の部分は薄いピンク色だった。 「これがピンクダイヤっていうんですね。初めて見たけど綺麗だな~。っていうか、ぶっちゃけ高そう」 『値段は、教えてくれなかったな』 「教えてって、誰かから貰ったんですか?」 『婚約者』 「あ」 無事に見つかってほんとによかった、そう思った。    「ねえ、みづきさん」 『ん?なんだ?』 「婚約者さんて、どんな人だったんですか?」 『ストレートに聞くんだな』 「だって、みづきさん指輪もネックレスも苦手だって言ってたでしょう?それでそんな素敵なブローチ選ぶ人って、どんな人なんだろうって思うじゃないですか」 『ああ。そうだな、ひと言でいうとまじめかな。堅物というほどではないが、曲がったことは嫌ってた。分け隔てもしなかった』 「やさしい人だったの?」 『やさしい、そうだな。そういう面もあったな。どうしてそれを聞く?』 「んとね。指輪もネックレスもダメっていう時に、ブローチを選んでくれるという感性が素敵だなって思って。私も恋愛するなら、そういう人がいいな」   続

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません