作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 「ばぶるって、なあに?」 聞いたことはあるけど、あれってずいぶん昔の話じゃなかったっけ? 『おまえは、バブルを知らないのか?』 「聞いたことはあるけど……歴史の授業で?だったかな」 しばらく間があいて、声が聞こえた。 『まあ、いい。ところで、ものは相談だが。このまましばらく、ここにいてもいいか?』 「ここって、ここ?」 『いや、場所じゃなく。わたしがおまえの頭の中にいてもいいか?ということだ。どうも出られなくなったらしい』 「え?マジに?そんなの困る」 『なにに困るんだ?わたしはおまえと同じ女だぞ』 「いや、そういう問題じゃなく」 他人が頭の中とはいえ、間借りしてるってなんか変な気分だし。 だけど、助けてくれた……らしいのは事実のようだし、抜けでる方法がわからないなら仕方がない。 「えと、出られる方法がみつかるまでなら」 そうして私と“声”との変な同居?生活が始まった。    脳内同居に同意したあと、夕方近くになっているのに気がついて慌てて帰宅した。 落ちた(?)ところの木々の間を抜けると、そこは昔使っていた山道で。 なので迷うこともなく、山を下りることができたのだ。 (ハイキングできなかった、というかお腹すいたな) そんなことを考えながら帰宅した。 帰宅した私を見た母さんは、呆れたような顔をしていた。 「ちょっと、瑞希みずき!どうしたの!いい年して、また転んだの?」 また、とはひどい。そりゃ小さいときは転んでばっかだったけど。 「ちょっと、すべっちゃったのよ。バッグが落ちたから取ろうとしたら、ずるずるっと」 「まったく。用心しなさい!汚れものは、水につけておくのよ」 「はあい」 私は部屋に帰り、部屋着に着替えた。 『優しそうなお母さんだな』 声が聞こえた。 山道を下りはじめてから今までずっと黙ってたから、存在を忘れかけていた。 「そうかなあ。あれこれ口うるさいよ」 『おまえを心配しているからこそ、だろう。ちゃんと感謝するんだ』 「え~?」 声の主は、母さんばりに口うるさそうだ。 『ところで、ここは何処だ?』 「私の家」 『それはわかっている。わたしが聞いているのは住所のことだ』 「あ、そっち?」 私は自宅の住所を教えた。 『じゃあ、今は何年だ?・・・西暦で』 「20XX年だけど、どうかしたの?」 しばらく沈黙した後、声が言った。 『わたしが死んでから、30年経っている』   「さ、30年?!うっそ!」 30年なんて、私が生まれるずっと前。 想像もつかないけど。 『いや、ほんとうだ。どうりですっかり変わって、わからなかったわけだ』 声は、自分のことについて話をしてくれた。   続

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません