作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

4. " 波紋 Ripple 4 "  不安を抱えながら1週間後に検査結果を受け取りに 再度病院へ向かった。  慣れるっていうのも変なんだけれども、怠さの伴う身体ながらも 少しは上手く付き合えるようになっていて、今回の病院行きは何とか 自分で運転して行くことができた。  でもホントのことを言えば、やはり夫に付き添ってもらいたかった。  けれど、意外にも? 夫は私の病院行きのことには一切触れて こなかった。  だから、言い出せなかったのだ。  世の夫たちってこんなもんなの?  もし立場が逆だったなら私は心配で、きっと夫を車に乗せて 病院へ付き添ったろうにと思う。  そう思うと少し、悲しかった。  帰りは車の中でシートを倒し、30分ほど休んでから帰った。  やはり外出は疲れたみたいで、私はすぐに布団に入り横になった のだった。  22時頃に帰宅した夫は私の気分とは裏腹に、今宵もご機嫌さんだった。  泰之さんは、あれから病院行きのことを何も聞いてこないけれど、 今日が病院の日だってこと知ってたンだろうか。  そんなこと考えていたら、部屋のドアが開いた。