作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

14. " 波紋 Ripple 14 "    私はその夜のことで夫を問い詰めたりはしなかった。  ううん、できなかった。  負い目があるから?  妻として主婦としての役目が果たせてないから?    そう、それもあるかもだけど、一番の理由はただ怖かったのだ。  今の状況で問い詰めてしまったら・・どういう結果が待っているのか?  ろくなもんじゃないことくらい、誰でも想像できるよね。  だからと言って放っておいていい問題でもない。  スルーして、知らない振りで、暮らしていくのか? 問い詰めて自分の気持ちをすっきりさせるのか?  1か月ほど、私はずっと思い悩み続けて過ごした。  聞きたいことはシンプルだ。  『あの時の女は誰?  キスされるような仲なのか?』  だけど、最後の質問はしたくはない。  『私のことを今、どう思っているのか?』  夫が他の女性を選んだらどうしよう、ってやっぱり思ってしまうのだ。  今の私には1mmも自信なんてないから。  文句も言わず、一緒にいてくれるだけで満足しないといけないんじゃ ないの?  という声が心の中から聞こえてこなくもない。  そうはいっても、私は仮にもあの人の妻なのよ、キスをしてくるような 女性がいるなんて酷すぎる、そんなの言語道断だ、という声も聞こえてくる。             ・・・・・  寝た振りで問題をやり過ごしたあの夜から、私は今後どうすればいいのかと 悩み続け、悶々とそれからの日々を過ごし。  そして、しばらくして、また夫を待つ夜を迎えた。  この日も夫の帰宅は遅かった。  前と同じように窓辺に立ち、夫の姿を探した。  疲れるとベッドに腰掛けたり、座ったりしつつを何度か繰り返し待った。  その夜、夫はタクシーで帰還した。  一人だった。  ほっとしたことで、帰宅し玄関に入って来た彼に自然とお帰りなさいが 言えた。  そのことで勢いをつけた私はもう一押しの言葉を繋げた。