作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

16. " 波紋 Ripple 16 "    夫から私への、どうしたの? 起きて待たなくていいのに、という言葉に 私が何も知らないとでも?  見て知ってるのよ・・女とキスしてたの 知ってるンだから。  モーレツにそんなふうに言いたくなったのだった。  たまに顔を合わせても私の病気のことには触れないし、何も聞いてこない。  もう夫は私のことなんて興味がない・・のだろう。  病気になる前の良好だった頃の私たち二人の暮らしが本当は 幻だったんじゃないだろうかと思える程に寂しく感じるけれど、 今の私には手の打ちようがない。  病気の身では。  打開策があるとしたら、やはり一日も早く健康な身体になること・・ につきる。  どうしようかと、あれこれ頭の中で考えをグルグルさせている間に 夫は自分の部屋に入って行き、入浴するためにパジャマを手に部屋から 出てくるところだった。  夫の言葉に何も言えず廊下に佇んでいた私は、ようやく探した言葉を 放った。  「だって、心配なの」  そう言う私に、彼は進みかけた歩を止めて・・「どうして・・」 本当に判らないとでもいうふうに、少しの驚きを込めて言った。  「だって、毎晩のように遅いみたいだし・・」  私の話を途中で遮るようにして彼は言った。  「うるさいよ!  ・・・ゴメン 言い過ぎた。  それって、もしかして嫉妬?  やだなぁ~うちの奥さんったら束縛が激しくてハゲシイネェ~ ♪」  最後はおちゃらけふうに装い、さっさと風呂場に向かった。  でも、私は見てしまった。  彼の顔に表情がなかったことを。  気付いてしまった・・  放つ言葉と表情がちぐはぐだったことに。  彼の真実の言葉だけは分かった。  『うるさい』の一言。  身体も心もすぐ側にあると思っていた夫との距離が とても遠いものになってしまっていたことに、改めて この夜実感した。  1億万光年、離れている現実を。