作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

5. " 波紋 Ripple 5 "  翌日、泰之さんが午後から仕事に出掛けた後、母親から 電話があった。  私は枕元に置いてあるスマホを手に取った。  「香ちゃん、どうだった? 今はどう?」  私は昨日先生から説明を受けた通りのことを母に伝え、 調子がよくないことを伝えた。  母も週に2回ほど様子を見に来てくれるけれど、毎日はキツイので ヘルパーさんの手配をしてくれると言う。  食事や洗濯物などしなくていい方向で、私の生活の基盤を調整してくれた。  「ヘルパーさんが来てくれるまで、私が毎日は無理だけど 行けるだけ行ってあげるから心配しなくていいわよ」  「ありがと、助かります」 「泰之さんのスケジュールが分かる時は教えて・・。 なるべく時間帯を外すから、ね?」 「うんっ、分かった」  「今日はちょっと遅くなるけど、今から行くわ。  何もしないで寝てていいからね」  「うん・・・」  有難かった。  トイレに行くくらいはできたけれど、やはり調理するほどには 身体がもたないくらい、気怠さが取れずにいたから。  早く自分のことだけでもできるようになりたいと、そぼ降る窓越しの雨を ベッドから見ていた私は、強く願った。  私はどうなっていくのだろう。  病気のこともそうだけど、何故か夫の言動に一抹の不安を感じるのだ。  いやいやいや、嫌な顔ひとつせずに、食事の準備だって自分でやって くれて、病気なのに甘えてんじゃない、家事をしろっ、なんてことも 言われてないのだから、きっと私の甘えなんだ、とそう思いもするのだが。  ただ、彼は自分でちゃんと作って食べて行ってくれはするけれど 私への食事はテーブルのどこにも置かれてなかった。  こんな風に不平不満を感じるのは、私の甘えなのだろうか。  降り続ける雨音は、何も答えてはくれなかった。