作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

6. " 波紋 Ripple 6 "  翌日午後一番に雨がそぼ降る中、母が来てくれた。  なんかっ、ぶわっと安心感が半端ない。  しかし、やって来るなりいきなりの母親の発言に驚かされた。  「ね、香ちゃん・・泰之さんに病名のこと話した?」 なんて、そんなことを聞かれたから。  「どうして? そんなこと聞くの?」  「ううん、なんでもないのよ。  だけどなんとなく気になるじゃない、やっぱり」  「話したよ、そしたら康之さん、『そっかっ』て。それで  『無理しないで養生すればいいから』って言ってくれた」  『どうして?』 なんて母親に思わず聞き返したりして自己嫌悪。  もう今から病気に負けそうな自分の心持ちが嫌だった。  母だってそりゃあ娘の伴侶の反応が気になるわよね。  当たり前のことだよ。  「香、私一休みしたらハローワークと最寄りの大学に行ってくるわ」  母が言った。  「あぁ、求人ね」  「本当はご近所でいい方がいるといいんだけど、まぁプライベートな 部分を見せることになるから難しいところね。だからね、っていうか 同じ人にずっと来てもらわないで2人くらいの人に決めて様子見して 信頼のおける人を見定めてから、最終的に1人にしてもいいかなって お母さん考えてるの」 「そうだね、うん、それがいいと思うわ、私も」 「それにね、香ちゃんの体調もこの先良くなると思うし、そうなったら 来てもらう時間なんかも減らしていけばいいし。  だからそういう意味でも単発的なバイト感覚で来てもらうのが いいかなって。