作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

9. " 波紋 Ripple 9 "   「お母さん、いろいろとありがとう。私ね、難病だからってくじけない。 自分なりに自分の病気と向き合ってどうやったら一日を一番いい方法で 過ごせるか探って、少しでも身体をいい状態にしてあげたいって思ってるの」 「あらまぁ~、なんか他人ひとの身体のことを話してるみたいな セリフね」  「ふふっ、この身体は私のものでもあるけど、一方で神様から託された 身体でもあるんだもの」  「へぇ~、神様・・そうよね、確かにそうとも言えるかも」  「大きな病院へ行くとね、普段見えなかったものがいろいろと 見えてきて、そう思ったのよぉ~」  なんか、照れ隠しで最後の語尾はおちゃらけてしまったけれど 私の本心だった。そして何より私の言葉を母親が肯定的に受け入れて くれたことが嬉しかった。   「いっぱい人生を楽しもうって、限りある時間の中で悲しみや怒りに 多くの時間を割くなんて勿体無いなって思った。そりゃあ生身の人間だから 落ち込んだり打ちひしがれたりしてナーバスになることだって避けて 通れないと思うけど、だけど全力で強い意志力でそういうの撥ね退けて ・・自分を喜ばせたり、楽しませたりって前向きな方向へ引っ張って いかなきゃって思うの」