作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

2-2.  私も病院へ行くための準備をしないといけないのだけれど。力が 出なくて、また布団に横になった。  妊娠?  妊娠ってこんなに怠いものなんだ。  確かに胸がむかむかしている。  これが悪阻っていうやつなんだ。  さてっと、少しずつでも母親が到着するまでに病院へ行けるよう に身支度しておかないと。  ゆっくりと身支度している間に思ったこと。  新居を決める時、夫の第一希望の物件は私の実家から2時間も離れた所に 建っていたマンションだった。  そして現在暮らすマンションは実家から車で30~40分、電車を使うと 50~60分掛る立地だ。  夫は基本、文筆家を生業として暮らしているので、 仕事関連で出かけることはそう多くはない。  サイドビジネスというのも変なのだが、ファッションが好きなこともあり 雑誌のモデルなどもしているので出掛けるとなるとこちらの職種での ほうが多いかもしれない。  それはサラリーマンでいうところの出張みたいな形になるのでいつも 同じロケ地で撮影するというのでもなく、結局私の希望する実家から 近い方の物件に決めてもらったという経緯がある。  2時間もかかるところから流石に母親に来てもらうなんてできなかった だろうから、改めて実家の近くに住まいを構えたことは正解だったなと 具合が悪くなって、つくづくそう思った。