彼女は小説が嫌い
0
0
ステキユーザー 新人作家
純文学 全3話 完結済み
 放課後の教室に残っていた、名前も知らない同級生。  ボロボロにくたびれた数学書のページをめくるその子の指先は、不自然なほどに綺麗だった。 *  8000字程度の短編です。

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません