アバンチュールサウンド~君の音が見える世界へ~
恋愛 全29話 完結済み 第1回ステキブンゲイ大賞応募作
アバンチュール。彼女をコインランドリーで拾わなければ、僕は永遠に知ることのない言葉だった。この言葉の意味を知りたかった。けど、ずっと知りたくなかった。僕に奇跡の音が響いた特別な冬の恋物語。

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500
根本美佐子 2020/08/11 08:06

奥坂らほ様 お読みいただきありがとう御座います!ステキ編集部で中村先生から受けたアドバイスを少しずつ取り入れて現在4話まで改稿しました(*^_^*)是非ご自分のペースで読んでいただけると嬉しいです!(ドライアイは慢性的充血にもなってしまうので御自愛下さいませ!)

奥坂らほ 2020/08/10 09:31

まだ読み始めですが、ちょっとずつたのしみに読みますね! (ドライアイが辛くて一度にたくさん読めないんです…)

根本美佐子 2020/08/03 08:34

寿すばる様 第一回編集部 温かいコメント 本当にありがとう御座いました!私ももちろん書籍化出来たらいいなぁと思いながら書いたのですが、改めて誰かに言われるとこんなに興奮するほど嬉しいものなんだと、感動してます!次回作も連載なので、また「ん?」と思われてしまう文章を書きなぐってしまうかも知れませんが、是非よろしくお願いします!

寿すばる 2020/08/02 16:01

ステキ編集部第一回、お疲れ様でした! 緊張して上手く話せなかったので用意した感想を置いておきますね 読み終わった後、映画館を出たような感覚になりました なんといっても春名さんがすごくチャーミングでした 個人的に好きなピアニストがいるので余計に入り込んでしまったというのはあると思うのですが、そこを差し引いても音の表現の仕方だったり、お腹に心があるとか、そういうちょっとしたところがすごくかっこいい サブタイもいいですよね ゴーストの音、ゴーストノートとゴーストライターにかかってるのとか、ああ音楽小説だなぁと 若干、誤字とか1文のリズムがもたつくような箇所が多いように感じたので、語順の入れ替えや読点の位置、てにおはなどに気を配るとキャラやストーリーの良さがさらに引き上げられるのではないかなと思いました でも本当に、リズムの崩れなんかどうでもよくなるくらい、どんどん先を読みたくなって、そこがすごいなと とにかくラストが最高に清々しい 登場人物それぞれのいびつな片思いがメロンソーダの炭酸みたいにはじけていったような終わり方を感じました これ本になったら買います 紙の本希望で

根本美佐子 2020/07/30 10:58

松原凛様 アバンチュールという言葉を私も知らなかったので、しっくりくる恋物語を目指して書いていたので、ご感想頂けて凄く嬉しいです!お読みいただきありがとう御座いました!

松原凛 2020/07/30 05:19

とても清々しい終わり方でよかったです! 「風船のように飛んでいってしまいそう〜」などの表現がすごく印象的で、きれいでした。 主人公と春名さんはお似合いだと思うけど、やっぱりアバンチュールという言葉がしっくりきますね。

根本美佐子 2020/07/29 16:41

伊集院アケミ様 何か一つでも心に残るシーンがかけて良かったと思いました!お読みいただきありがとう御座います!ステキ編集部でお会い出来るのを楽しみにしております!よろしくお願いします!