植物人間の救い方
0
1
SF 全2話 完結済み 第1回ステキブンゲイ大賞応募作
パンデミックが起き、終息した世界で、生き残った青年、玲は一人孤独に生きていた。 孤独を紛らわすために独り言を話し、妄想の友人と話し続ける玲は冬に備え、自然を狩ることを決意する。 「パンデミックものじゃなくて、パンデミック終息もの」

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません