夢のかけら
第一夜 堕

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

見知らぬ人といる。 どうやら私たちは恋人同士のようである。 彼は言う。新興宗教なんだけど。 水を崇めるというその教団を私は知らない。 僕がそういうの入っていたら嫌?と試す様に訊く。 別にと答える。 彼は溜息をこぼす。 溜息は安堵か失望か。試されたのは私か彼か。 続かぬ言葉。誘いがないのを不満に思う。 昼下がりの微睡みより、夜更けの断眠を欲する。 這い上がれない程に堕ちたいと願う。 けれども彼はいつも私と深く繋がらない。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません