夢のかけら
第二十一夜 鳴

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

商店街の裏は雑多な街並み。細い路地は砂利道。 高札らしきものが乱雑に立ち並ぶ。 雨よけにもならない屋根の下に並ぶのは郵便受け。 古びて歪んだ扉に手書きの部屋番号の画用紙がよれている。 路地を挟んで立つ高札場めいた郵便受けは真新しいダイヤル式。 周囲にアパートもマンションもない。あるのは商店の裏口と荒れ果てた平屋ばかり。 路地裏に郵便受けだけが林立する。 踏切が鳴る。電車が走り抜ける。風圧で郵便受けが一斉に鳴る。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません