夢のかけら
第十六夜 飛

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

タワーマンションの高層階。 招かれた客が口々に挨拶を済ませて帰っていく。玄関の靴が消えていく。 主の女に、ずっといてほしいと乞われ。頷くと私の靴は失せた。もう帰れない。 誰かが帰宅する気配。一変し、今度は帰れと急かされる。靴がなくても帰れという。 外は土砂降り。眼下の街は雨に煙る。 「誰か」を手放してまで私を得る気はないのだと知る。 私は裸足でバルコニーの柵を越え、空からの流れへひと思いに飛びこむ。 雨となる。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません