夢のかけら
第八夜 迷

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

地下街は蟻の巣のよう。地下通路は複雑。 しかし私は進むべき道なら知っている。 私はとあるビルを目指している。ただそこを目指して歩く。 壁に半間ほどの鉄製扉が開いていて、人がぞろぞろと通り抜けていく。 一人ずつしか通れないため列になっている。最後尾につく。 目前で扉が閉まる。閉鎖の時間とのこと。 他に目的地へ向かう通路はない。 諦めて地上へ出ようと出口を求め彷徨う。 人影が消えていく。 地下街は閑散として。 私ひとり。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません