夢のかけら
第六夜 刺

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

誰も気付いていなかった。 採光豊かな広々としたショッピングモールを歩く。無機質な白を基調とした店内。 幅広い通路をゆったり歩く人々。足を止め店を眺めたり談笑する人々。 ふと、一組の男女が目に留まる。壁に背をつけた女と一歩分の距離をとり向き合う男。 一見、若いカップルに見えた。しかし女の表情が硬い。 男の手から僅かに刃先が覗いていた。 思わず止まる歩み。 連れがどうしたのと問う。 その声に振り向いた男と目が合った。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません