形を求めないわたしたちの時間の形
0
0
レビュワー ステキユーザー 新人作家
青春 全22話 連載中
高校の音楽部でバンド活動に精を出す天音は、中学時代のある一つのつっかえが未だ取れない。文化祭前、毎朝出会うある人を見つめられないもどかしさを抱えていたら、つっかえる一因を作った女の子が転校してきた。いつしか心が離れていた彼女と再び友情を築きはじめたら、無性にあの人のとなりが恋しくなりはじめた。 あの子の笑顔はとなりにあるのに、あの人の微笑む感触はまだ手に取れない。歌を愛する少女・天音が贈る友情と恋を描いた一つの叙情詩。 ーー目を合わせなくなって随分経つあの人。心地の好い輪の中にいつしかあの子が溶け込んで、わたしは恋しいあの人に会いたくなった。大好きな人が静かに笑ったら、それがわたしたちの音楽が完成したということ。

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません