さよなら東京エレジー
SF 全1話 連載中
もしもあなたが夕方に帰る家がなかったとしよう。突然目の前にあたたかいご飯と家族が待つ家が現れたらあなたはきっとそれまでの不幸をなかったことにできるのではあるまいか。もし、もしそれが人類全員に行き渡ったのなら、もうそこに争いの必要さえ無いのかもしれない。

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません