線の見えない子ども
0
0
ステキ作家 レビュワー ステキユーザー
純文学 全1話 完結済み
夕暮れの帰り道を、母親と息子は歩いていた。息子は社会からずれていた。息子は社会と食い違っていた。息子には線が理解できなかった。 この作品は「カクヨム」「novel days」「小説家になろう」にも投稿しています。

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません