麻倉日記
5、詐欺にあった

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

詐欺にあった。 とは言っても、愛用していた美容液が、実は正規品ではなかったというだけの話なのだが。 しかしながら、私は結構な衝撃を受けた。え? まじこれパチモンなの?まじ?となんどもパッケージを見返したし、ひっくり返したりしてもみた。無論、ひっくり返しだからといって、そこそこ重量感のある瓶が、正規品ですよーと言ってくれる訳もなく、ただそこにひっくり返した瓶と、瓶に合わせて上体を捻る滑稽な私が残っただけであった。 そもそも、私の美容液デビューは高校生の時だったように思う。当時好きで、見ていた某美容系YouTuberの方が絶賛していて、そこそこお値段も手ごろなそれを私はドラッグストアで購入した。 肌が綺麗になったのかは分からなかったが、美容液をつける、という行為は私に謎の自信をもたらし、お母さんの小言にも、はは、そんな、美容液つけてる私にそんな攻撃、効きませんけどね。笑止。みたいな、うざいテンションでかわすことができた。美容液ってすごい。それだけで生活の質が上がった気分になる。 こうして、キラキラ美容液デビューを果たした私だったが、事件が起こる。 私の見ていた某美容系YouTuberさんが、炎上して、ネットから姿を消したのだ。なんでも、お金をもらって不当な商品をおすすめしていたらしい。 私は美容液片手に愕然とした。あのキラキラした気持ちはなんだったのか。あんなに、生活の質を向上させてくれた美容液も、こうなってしまっては陳腐なものに見えて、使い切らずに捨てた。 そして、二回目の美容液デビューが十ヶ月ほど前の話になる。当時、というか今現在もなのだが、鼻の毛穴が気になる私は、「毛穴 ケア」などで、よく検索する。そこにあるグッズとレビューをくまなく読み、買うかどうかは置いといて(たいてい買わないのだが)、自分の肌に置き換えて考えるのである。 そこで目を引いたのが、一番上に出てくる角質美容液だった。鼻の毛穴汚れは落とす事が重要だと思っていた私は、その美容液の、肌根本の性質を変えるというキャッチコピーに胸を打たれた。なるほどそうか! 落とすんじゃなくて、肌自体を変えなければならないんだ! 目からウロコ状態で購入を決意した私だったが、公式サイトで買うにはクレジットカードが必要なようで、そんな高尚なものを持ち合わせていない私は項垂れた。それからすぐ顔をあげた。 そうだ!某通販サイトがあるじゃないか! 今思えば、何故この通販サイトにこんなにも信頼を寄せていたのか分からないし、なに閃いたみたいな顔してんだおめーと、顔に一発食らわしてやりたいくらいだが、とにかく、私は某通販サイトで、角質美容液を購入することに成功したのである。 そう、これが偽物だった。 もっと怖い事を言おう。私は二回目のデビューは十ヶ月ほど前と言った。美容液は二ヶ月に一度、無くなる度に、気に入って買っていたから、私はもうこの美容液を五回も購入している。 ……お分かりいただけただろうか。この悲惨な状態。 偽物だと分かってからも、五回も使った愛着から捨てきれず、「信用しない、信用しない……」と某人気アニメの首に蛇を巻いたキャラのように呟きながら、肌に塗り込んでいたが、それが、先日ついに無くなった。ところで、疑問なのだが、偽物には一体何が使われていたのだろう。裏に書いている成分なんかは嘘だとしても、水にしては匂いのようなものがあった。五回も使ったのだ。偽物と呼ぶのにも涙がでてきそうになる。実は、正規品ほどはいかないけど、肌にいい成分が入っていたりしないだろうか。……しないか。 兎にも角にも、私はこの一件で心に決めた事がある。 次の美容液は、店舗で買おう。 追伸、好きなものはもう思いつかないのでこの辺でストップします。嫌いなものはまた追って。しばらくは近況でも書こうかなと。最近、麻倉日記が面白かったととある人に言ってもらえて嬉しかったので。その方に届けば幸いです。 追追伸、美容液って何買えばいいですか。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません