麻倉日記
閑話<ただ投稿するだけの日々がしんどいって話>

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

みなさんおはようございます。こんにちは。こんばんは。 麻倉は今日6時に起床しました。小説を投稿するためです。 正直に言います。 しんっっっど!!!!!!!い!!!! 小説書きたい!小説!小説書かずにただただ毎日書き終えたものを読み直して投稿するだけの日々しんっどい!どれくらいしんどいかってエラ呼吸から肺呼吸に切り替えた両生類くらいしんどい。いや、別にオタマジャクシがカエルになる時しんどい思いしてるのかはしらんけど。 なんかアクションとか書いてスカッとしたい。妖怪とか化け物とかでてくるような頭空っぽにして読めるファンタジー書きたい。 別に読まれるわけでもないのに何で投稿してるんだろう? え?いや別に読まれなくてもいいのか? いや、でも読まれる努力はすべき? みたいな、なんか読まれる、読まれないが頭の中回ってゲシュタルト崩壊起こしそう。 はぁ、はぁ、ありがとうございます、吐き出したらちょっとスッキリしました。 こんな麻倉の心のしょうもない吐露を読んでくれた方は神様です。そうです。貴方が神です。豊臣秀吉みたいに生前から自分は神になるって周りに言っといて下さい。きっと、友達が二、三人減ります。 さて、この推敲して投稿する、の繰り返しは十月いっぱいで目処がつきます。なので、麻倉はもうちょっとがんばります。そう、カエルのように。水陸両用を目指して。ここまで読んでくださってありがとうこざいました。 では、また。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません