ぶどうの手紙
9
19
ステキユーザー レビュワー 新人作家
ヒューマンドラマ 全1話 完結済み 第2回ステキブンゲイ大賞応募作
──大学三年生の夏の夜、ぼくは、ぼくから母を守るために家出した。 毒親との生活に限界を感じた大学生の優里は、『代筆屋』を営む叔母の初美の元を訪れる。 ワイナリーと、初美さんの家である日本家屋を、行ったり来たりしながら、ワインと手紙とたまに文房具にまみれる夏を描いていきます。 (※申し訳ありません、只今第一話のみ公開中です)

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません