文学の狙撃者
文学の狙撃者

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「チッまた落としやがったな」  彼は激しい怒りと共にはらわたが煮えくり帰った。雷が落ちた。  今回が最後と思っていた。それならば冷静に粛々と計画を実行するまでだ。猟銃に拳銃、弾数百発。磨き上げられた日本刀。  彼はある出版社の前に車を停めた。中に入っていく。受付が止める。 「すみません、御用は何ですか」 「用はね、こういうことだよ」  彼は日本刀で受付の首を刎ねた。夥しい血液が噴き上がる。  彼は構わず社長室に行った。警備員が止める。彼は至近距離で拳銃で胸を射抜いた。ロビーは大混乱である。調べておいた社長室に入る。  社長の顔も知っている。猟銃を出して社長の額に銃口を当てた。 「おい、誰一人逃げるんじゃない。動いたら撃つぞ」  彼は拳銃を一発放った。 「今回の三木文学賞の選考委員と編集長を連れてこい」と言って女子社員を一人出させた。 「さもないと社長の頭は吹き飛ぶ」  警察が何台ものパトカーでやってきた。  女子社員は警察官にその言葉を伝えた。  警察の方針は既に決まっていた。誰一人中へ入らせないことだ。もちろん一人も犠牲者を出すわけにはいかない。  編集長と選考委員の二人が駆け寄ってきた。ドア越しの会話となった。 「君、編集長と選考委員がやってきたぞ。何が望みだ」 「入ってこい、さもないと社長の頭が飛ぶぞ」  社長室はいわば密室だった。ドアが一つしかない。 「入れさせるわけにはいかない、ここで話をしよう」  彼は、あっそうと言って男子社員の頭を撃ち抜いた。  警察はドリルのようなもので壁に穴を開けている。 「おい、ドリルで穴を開けるのをやめろ」  やめないので社長の膝を砕いた。ドリルが止まった。 「いいか、俺の気に食わないことをしたら中の人間の命はない。それを頭に刻み込むんだ」  警察に編集長が「私が入ります」と言った。彼の意志は固かった。隊長が「ぜひ気をつけるように」と言った。 「お前入るようだな、だが何らかの武器を持っていては困る。全部脱げ」  えっと驚いて隊長の方を見た。彼は「従うように」と言った  素っ裸になった編集長が罰の悪そうな様子で中に入っていった。彼は男が人間を盾にしていることを知った。彼は男の前に跪いた。 「おい、今回の三木文学賞でなぜ俺を落とした。理由を言え。俺は3次まで行ったはずだ」 「君の作品は評価できた。だがそれ以上の人がいたということです」 「嘘ぬかせ! 俺は3次まで残った三十人の作品を全部読んだ。ファンです。読ませてください。というとみんな嬉々として読ませてくれたよ。  だがどれ一つ俺の作品以上のものはなかった。お前ら、不正をしているんだろう。女子大生の作文を芥川賞にしたりして狂っているぞ。  三木賞は俺の作品だったとテレビで誤りを入れ、俺の作品が三木賞だったと訂正しろ」 「それはできない、良心に誓ってできない」  彼は腹を拳銃で撃った。 「お前らに良心があるか、十億積めば文学賞は買えるのだろう」 「そんなことは、うっうっあ、ありません」 「それなら俺の作品のどこが悪かった。言ってみろ」 「あのお名前も存じ上げないので」 「前田龍平だ。覚えておけ」  3次を通った作品が集められた。  編集長は虫の息だった。 「私が読みます」という威勢のいい声がドアの外でした。 「副編集長の田中です」 「ようし、お前もすっぽんぽんになって入れ、女は隠すところが多いから入り口で広げろ」  田中副編集長はたじろいだ。そこまでこの男のために。 「さあ、入ってこい、俺の作品が一番だということを証明しろ」  彼女は隠れるようにして脱ぎ、部屋に入った。 「前田さんの作品には人間の細やかな感情がないのよ。話の展開だって起伏がないから」 「どやっ、他の作品も読ませてもらったがみんなガラクタだぞ。あんな平凡で眠くなる小説のどこがいいのだ。全部説明しろ」  彼女は一作ずつ読み始めた。非常に時間がかかった。 「おい、食事を持ってこい」彼の要求は大胆さを増した。  警察は突入すべきかどうか考えあぐねた。これ以上犠牲を出すか否か、最後は突入だが、その機会を狙っていた。  彼女は相当な時間をかけて全部読んだ。 「3次の作品だからみんなある程度いいわ。でもね突き抜けているものがないのよ。受賞作は構成がいいし言葉が精緻だわ。描写も的確だし」  彼は猟銃の柄で殴り倒した。 「俺の作品以上のものはないんだよ。まだ分からないのか」  彼は恥部を撃った。 「突入しましょう。疲れは限界に達しているはずです」  だが隊長の花田は犠牲を出さない方法を考えていた。 「中に十人以上いる。突入したらあいつは打ちまくるに違いない。相当な死者も出る」 「だから突入した瞬間にスナイパーに一発で仕留めてもらうんですよ。そうすれば必要最小限の被害ですみます」 「だが人間を盾にしているからなぁ」 「やるしかありません」 「うむ。必要なスナイパー集めよ」  3名のスナイパーが入った瞬間に色々な角度から撃つ。もうある程度の犠牲はやむを得ない。 「分かっているぞ。突入しようと思っているんだな」 「おい、副編集長、俺の小説が一番だったと言え」  彼女は下半身からの出血が止まらない。 「それは言えません、次の回を狙ったらいいじゃないですか」 「俺は今度のに賭けておったんじゃ、もう書くのはごめんじゃ」 「そんな事では長続きしませんよ」 「馬鹿野郎、現況を見ろ。俺は生きるか死ぬかなんじゃ。どっちにしろ今度ので終わりじゃ。社長! 俺のが日本一じゃな」  頭を銃先で小突かれた社長は 「君のは受賞作じゃない」と言った。  彼は社長の目の前で銃を放った。顔が炎で焼け爛れた。 「あんたら、ここで主催する小説講座で俺が腹を立てて怒鳴り散らし『こんなものやめや』と言ったから  目の敵にしてどうしても俺を排除しようとしているんだな。ケツの穴が小さいな」 「それは君の誤解だ。私たちは厳正な審査をして受賞作を決めたのだ」 「おい、副編集長」彼女は下半身が血に染まっていた。 「俺のと受賞作はどこがどのように違っていたんだ」 「だから、さっきも言ったように」 「嘘吐かせ! 俺のは傑作なんじゃ、認めんと殺すぞ」  副編集長はさすがに命の危険を感じた。 「二人であの作品を三木賞が取れるように直しましょう」 「糞、直すところなんかあるかい。あれが完璧なんじゃ」  副編集長は言葉を失った。  着々と突入の準備がされていた。静けさに危機を感じた男は自分の周りに人を集め囲んだ。彼の趣味はクレー射撃だった。  腕前はクラブの中でも指折りだった。だが大量の射撃手が襲い掛かったら一溜りもあるまい。 「テレビカメラを入れろ」と怒鳴った。 「生中継するんじゃ、しないとまた一人死ぬぞ」 「それはできない」と隊長が言った。 「バーン」という音がして女が頭を射抜かれた。  隊長は焦り、中の様子が分かるとしてテレビカメラを入れるように指示した。暫くして国営放送がチームを組んでやって来た。 「カメラがきたぞ、どうするんだ」 「まず全部脱いでカメラを背負って中の様子を映すんじゃ」  部屋の中は凄惨だった。 「おい、社長、テレビカメラの前で三木賞は俺だったと土下座して言うんだ」 「それはできない」  男は社長の太ももを射抜いた。社長は跪く格好になった。 「さあ、言え」だが社長は首を振った。  男は最初に考えていた通り遂に計画を実行した。  彼はもちろん死ぬ覚悟だったのだ。社長の頭を吹き飛ばすと  部屋の中にいる十五人ほどの全員に発砲した。  それと少し遅れて発砲隊が突入して男を蜂の巣にした。その様が全国放送で流れた。彼は目的を果たしたのだ。                    了

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません