夜を踏んだ
0
0
純文学 全17話 完結済み
逃げ続ける人の話です。それ以上のことは、望んでも手遅れです。 もう春も終わるというのに、真冬の話を投稿します。冬の部誌に出す用に書いたものです。よろしくお願いします。

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません