青春 全1話 完結済み
この平凡なふたりの幸福な日常が、いつまでも、いつまでも続きますように。 夏の夜雨に襲われた私は、アパートの軒先で雨宿りをしていた。 すると、そこに彼が現れて……。 ほっとするコーヒーの香りと温かい木漏れ日のような物語。 (三月のパンタシアの楽曲『たべてあげる』の基となる小説です。)

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません