人生が逆走するまで
純文学 全4話 連載中 第2回ステキブンゲイ大賞応募作
男の人生はまだ始まっていない。 それがいつ、どこで始まるのかは誰にもわからない。 ただ一つわかることは、必ず人生は始まり、そして終わるということだけである。 男はそれを知らない。 知らずに日々を生きている。

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません