ミステリー 全2話 連載中
間違ったんだ。確かに彼奴はそう言った。廃墟で無残な姿で娘が発見された。二年に渡る不妊治療の末、ようやく授かった娘。小さいもみじのような可愛らしい指先でぎゅっと握った感触。もう思い出の中でしか会えないのか… 彼奴が証拠不十分で保釈されるというニュースを見た時、全身が逆流するほど血が滾る。そう思っていたのに、案外冷静だ。娘の苦しみを知らしめるよい機会だと思う。 さぁ、今から始めます…

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません