作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 水瀬なつみの部屋はB棟の304号室であった。  知可がノックもせずに無言でドアを開くと、なつみが胴元となってカード賭博をやっていた。  5人部屋に10名もの女どもが詰め込まれている。みな、知可の顔をみるとそそくさと逃げ出した。  牛乳瓶の紙の栓ががなつみの膝元に渦を巻いて集まっている。  どうやらこれが紙幣の代わりのようだ。学園内だけで通用する仮想通貨といったところだろう。  なつみはばつの悪い顔をして紙栓を集めて袋に入れた。 「おまえにノミ屋の才能があるとは思わへんかったで」  凄みをきかせてなつみの真正面に座り込む。 「なにが『友達になろうよ』や。これやから東京モンは信用でけへんわ」 「あたしは横浜だけど……」 「でた、地域名。そこは神奈川でええやろ。兵庫のやつもおなじや。必ず県庁所在地をいいよる」 「……綾子がゲロしたのね」 「そこはええやろ。話を前に進めよか」 「前……?」 「どんくらい稼いだんや?」 「あんまり……。みんな里美に賭けたから」 「……なるほど。大方の予想通りっちゅうわけか、胸くそ悪い。  ほな、今日のところはこんだけもろとくわ」  知可はなつみを突き飛ばすと、背中に隠したビニール袋を取りあげた。紙栓がぎっしり詰まっている。 「や、やめてこれは!」 「ファイトマネーや。なんぞ文句あるんかい?」 「いや、それは……」 「それはなんやねん。ウチら闘犬ちゃうぞ。これは正当な対価や」 「…………」 「ほな、文句ないやろ。換金はどこでやってん?」 「月末に……。A棟の娯楽室で」 「作業賞与金がでるころやな。じゃあ、月末になったら案内してや。約束やで。友達のなつみちゃん」  そういうと知可は振り返りもせず、なつみの部屋をでた。  シャバでも友達のたぐいはできなかった。ましてや、こんな掃きだめのような場所でつくれるはずがない。 (まあ、ええか。カネは手に入った)  裏切りには慣れている。知可はさっさと切り替えて保健室へともどってゆくのだった。この仮想通貨であることをするために。   第11話へつづく

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません