なぜか噂の大島ヒカリ料理教室
ヒューマンドラマ 全41話 完結済み 第1回ステキブンゲイ大賞応募作
料理の数だけ人間ドラマがある。 大島ヒカリ料理教室は全国をさすらう料理教室。この料理教室は、どういうわけか予約が取れないほどの人気があるのだが、これまた、どういうわけか悩んでいる人ばかりが集まる。 依頼者の悩みを講師の大島ヒカリが、料理の力で知らず知らずのうちに解決しているのかも? 

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
第一章 和菓子屋の息子①
2020/06/30 23:06
第一章 和菓子屋の息子②
2020/07/01 00:38
第一章 和菓子屋の息子③
2020/07/01 03:46
第一章 和菓子屋の息子④
2020/07/02 00:29
第一章 和菓子屋の息子⑤
2020/07/02 06:30
第一章 和菓子屋の息子⑥
2020/07/02 12:29
第一章 和菓子屋の息子⑦
2020/07/03 01:10
第一章 和菓子屋の息子⑧
2020/07/03 08:07
第一章 和菓子屋の息子⑨
2020/07/04 06:39
第一章 和菓子屋の息子⑩
2020/07/04 13:26
第一章 和菓子屋の息子⑪
2020/07/05 08:48
第一章 和菓子屋の息子⑫
2020/07/06 02:19
第一章 和菓子屋の息子⑬
2020/07/06 07:41
第二章 謎の食べもの①
2020/07/07 06:28
第二章 謎の食べもの②
2020/07/07 11:22
第二章 謎の食べもの③
2020/07/08 01:41
第二章 謎の食べもの④
2020/07/08 08:21
第二章 謎の食べもの⑤
2020/07/09 06:24
第二章 謎の食べもの⑥
2020/07/10 03:34
第二章 謎の食べもの⑦
2020/07/11 03:17
第三章 タヌキケーキ①
2020/07/12 05:13
第三章 タヌキケーキ②
2020/07/12 11:13
第三章 タヌキケーキ③
2020/07/13 05:16
第三章 タヌキケーキ④
2020/07/14 06:26
第三章 タヌキケーキ⑤
2020/07/15 08:26
第三章 タヌキケーキ⑥
2020/07/16 10:15
第三章 タヌキケーキ⑦
2020/07/17 03:41
第四章 ひまわり食堂①
2020/07/20 13:17
第四章 ひまわり食堂②
2020/07/22 03:31
第四章 ひまわり食堂③
2020/07/23 07:46
第四章 ひまわり食堂④
2020/07/24 05:49
第四章 ひまわり食堂⑤
2020/07/24 11:54
最終章 再会①
2020/09/01 02:35
最終章 再会②
2020/09/03 04:40
最終章 再会③
2020/09/07 01:24
最終章 再会④
2020/09/10 05:28
最終章 再会⑤
2020/09/17 02:11
最終章 再会⑥
2020/10/06 08:00
最終章 再会⑦
2020/10/08 07:03
最終章 再会⑧
2020/10/10 23:53
最終章 再会⑨
2020/10/12 07:58
応援コメント
0 / 500
塚田浩司 2020/10/14 08:17

平さん 全部読んでくださってありがとうございます。凄く嬉しいです。 本当はずっとミステリアスでいこうと思っていました。笑ゥせぇるすまんとかゴルゴみたいにあえて正体をあかさないという。 でも、土壇場で追加しました。功を奏したようでよかったです。

平 剛(たいら ごう) 2020/10/14 06:15

最後まで読ませていただきました。ミステリアスな大島ヒカリが、最終章では一変して異なる面を見せるギャップが、ドラマチックさを出していると思いました。最終章での「お悩み解決」は、実は自分の悩みの解決だったのでは、と感じました。 ヒューマンドラマとしても、最後うるっと来てしまい、とてもいいお話でした。面白かったです。

塚田浩司 2020/08/16 12:29

平 剛さん。 いつもありがとうございます。そうですよね。平さんとは小布施のお話しましたもんね。ぼくは小布施に行くと栗おこわを買います。 市川製菓は、チラッと第3章にも出てきますので、よろしければお読みください。(他の章は一章の半分のボリュームです。) 通知機能は欲しいですね。僕としてはすべてに返信したいのですが、さすがに⑬では気付くことができません。教えていただき感謝です。

平 剛(たいら ごう) 2020/08/16 09:32

ツイッターで、この小説に小布施のお菓子が登場するということを目にし、「和菓子屋の息子」を拝読いたしました。内容を書くとネタバレ満載になりそうなので自重しますが、相変わらずの面白さに、一気読みいたしました。 何年も前に小布施堂の「朱雀」を幸運にも食べることが出来たのですが、それ以降は整理券が取れず食べられずにいます。でも、栗の木テラスのモンブランも大好きです。甘精堂の栗どらはいつも必ずお土産に買って帰ります。 そういうことを思い出して、とても楽しく読めました。去年は洪水で閉まっていたお店も多かったですが、今年はコロナで・・・でも今年も行きたいと思っています。「なぜか噂の日本料理屋」も、探してみたいです(笑) <⑬にコメントをお書きになっている方がおられましたよ。早く通知機能が欲しいですね・・・>

塚田浩司 2020/08/07 03:37

夜野舞斗さん ありがとうございます。この小説の初コメントなので嬉しいです。是非、二章からもよろしくお願いします。

夜野舞斗 2020/08/06 05:20

 和菓子屋の息子を読ませていただきました。男女の間に存在する壁とそれを料理でどうにかしようとするヒカリさんの姿がとても面白かったです。