作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「はうぅ、どないしょ……」  朝の駅はとっても賑わってた。忙しそうな会社員、友達と仲良くお喋りしてる学生、色んな人が行き交ってた。電車が到着する度に、大きな人の波ができる。  だから、ウチは困ってた。 お気に入りのうさぎのパスケースが人波に飲まれて、落っこちてもうた。憧れのロリータブランド――Alice Tripアリストリップの冬期限定ノベルティ。もう二度と手に入らへんから、大切に使ってたのに……。  あれが無いと、ウチは改札から出ることもできへん。このままやと、学校も遅刻してまう。どないしょ……。駅員さんに言うて出してもらっても、パスケースが無いんは悲しい……。うぅ、視界が滲んできた。 「あの、すみません」 「は、は、はい!」  振り向いた先には、黄金色の髪に、真っ赤な瞳の男の人。耳にいっぱいピアスついてる。インダストリアルをあけてるってすごい。あ、これ、ゴシック系ブランドのIROM MAIDEN GARDENアイアンメイデンガーデンの新作やの。かっこいいしおしゃれやの……。  って、見惚れてる場合やなくて、こんな所に立ち止まってるから邪魔やったんかな? うぅ、どないしょ……。 「アリトリのうさぎのパスケース、落としませんでしたか?」 「あ! ウチの……! ありがとうございますやの!」  男の人はウチにパスケースを差し出してきた。ウチは頭をぺこぺこしながら、パスケースを受け取る。 ちょっと汚れてしもたけど、洗えばなんとかなりそうやの。どこの部品も外れてへん。中のカードも無事そう。踏まれて割れてなくて良かった……。 「では、私はこれで」 「ま、待って! え、えっと、その……ウ、ウチ、何かお礼を、したい、の」 「お礼なんて良いです。たまたま目についただけですので」 「で、でも、こんなに、人がいっぱいおるのに、これを拾って、ウチを見つけて、くれたから……」 「……それなら――連絡先を教えてください」 「ふぇっ! は、はい!」  男の人は少し考えた仕草をした後にそう言った。早速、通話も無料のお手軽アプリの連絡先を交換する。 アイコンが白い猫やの。お目めが青くてまんまるで可愛い。猫好きなんかな? 飼ってるんかな? 「けい?」 「は、はい! ウチ、巴谷ともえやけいって言うの。え、えっと、あなたは……えっと……」  読み方がわからへん。そのまま読んで良いんかな? 間違えてたら失礼やし……。 「小焼こやけです。夕顔小焼ゆうがおこやけ。後程連絡します」 「は、はいやの……」  夕顔くんは右腕の時計を確認すると、慌てた様子で行ってしもた。  連絡してくれるんなら、待っとこ。どんな人かわからへんけど、落とし物を届けてくれるくらいには、良い人なんやと思う。それに、ゴシック系ブランドのピアスをしてたから、気になる。ウチのパスケースのブランドを略称で言うくらいに知ってるようやったし……お話ししてみたい。  クラスメイト以外の男の人の連絡先……。ちょっとドキドキしてまうの。ウチは嬉しくなって、誰かに聞いてもらおうとタイムラインを開いたところで気付く。 「遅刻してまうやのー!」

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません