木下寅丸の世界
エッセイ 全60話 連載中
パーソナリティ障害 30歳の木下寅丸は、高校生の頃から違和感を感じて生きてきた。正常な思考に戻るまで12年。起こった不思議な現象の数々を、思いだしながら綴るエッセイ。その間に考えたこと、思ったことなども書こうと思います。

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
ストレスが痛みに変わった話
2020/09/10 20:59
365日の不調
2020/09/11 07:20
文字が読めなくなった話
2020/09/13 18:51
悪夢
2020/09/13 18:53
眠剤と私
2020/09/14 17:21
味覚が低下した時の話
2020/09/14 17:22
睡眠過多~睡眠時間のオーバーヒート~
2020/09/15 21:44
物欲がなくなった話
2020/09/15 21:46
あれカギ閉めたっけ?
2020/09/15 21:48
レトロゲームコレクション
2020/09/16 18:09
感情表現が痙攣になった話
2020/09/16 18:12
他人の感情が映り込んだ話
2020/09/18 00:54
自己啓発書の意味とは?
2020/09/18 00:55
光に敏感になった話
2020/09/19 01:01
怒る練習
2020/09/19 05:29
命令をする者
2020/09/19 23:40
夢遊病になる
2020/09/21 08:54
長い朝
2020/09/21 16:59
音に敏感になる
2020/09/22 21:21
蚊に食われて喜ぶ
2020/09/24 08:01
起きたら利き足が逆になっていた話
2020/09/24 22:21
アリス症候群
2020/09/25 21:49
アリス症候群②
2020/09/27 01:15
精神性の喘息
2020/09/27 12:23
疲れを感じなくなった話
2020/09/28 01:09
記憶を失ったときの話
2020/09/29 03:38
回転性のめまい
2020/09/30 01:28
飛蚊症
2020/10/01 17:24
黒い影
2020/10/02 10:33
長い夢
2020/10/02 23:13
手足のしびれ
2020/10/04 03:47
重力が10倍に感じた話
2020/10/05 08:51
黒い何か
2020/10/06 00:32
気温差に身体がついていかない
2020/10/06 20:00
笑顔について
2020/10/07 18:23
鬱についての考え方 大学2年生手記より
2020/10/09 13:08
胃から何か出ている
2020/10/10 18:43
泣く練習
2020/10/12 12:34
たまにビッコをひいていた話
2020/10/14 13:16
性欲すらなくなる
2020/10/15 11:09
自分が信用できない
2020/10/16 06:03
精神と肉体の分離
2020/10/17 15:33
尿が近くなる
2020/10/18 06:37
筋肉の緊張
2020/10/18 12:44
人の目が見れない
2020/10/19 10:26
おっさん恐怖症
2020/10/23 09:27
筋肉信仰に目覚める
2020/10/24 18:01
薬切れ
2020/10/26 12:16
異臭
2020/10/27 11:28
完璧症
2020/11/01 09:32
感受性1000%
2020/11/06 19:31
感受性1000%2
2020/11/08 01:14
半分しか呼吸できない
2020/11/13 11:00
寒さについて
2020/11/14 13:34
絶対に疲れてはいけない
2020/11/15 09:13
やる気
2020/11/17 03:42
脳みその空白
2020/11/18 13:23
2週連続で事故る
2020/11/21 14:35
起きるのに失敗する
2020/11/26 12:07
頭が数字に支配される
2020/11/28 11:09
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません