貴方に捧げる彼岸花
0
0
ステキユーザー ステキ作家
SF 全5話 完結済み 第2回ステキブンゲイ大賞応募作
「これで、俺も……晴れて人殺しのテロリストってわけだ」  侑斗はその日、爆弾の起爆装置を押した。そんな侑斗を傍で支えるのは、運命の相棒――莉菜。テロを起こさなければならない理由が、どうしても二人にはあったのだ。彼らの望みはただ、愛する人と共に生きる未来を守りたかっただけであったというのに。  西暦3XXX年の未来。ダレンマ元帥の手によって、日本は狂った宗教に支配される国と化していた。彼らが課した法の中でも最も最悪なもの。それは、ダレンマが認めた人間でなければ恋をすることが許されないこと――背いた者達は全て、背教者として投獄される。イカれたサイコパスのレッテルを貼られて。  これはそんな歪んだ世界で、それでも真実を求めた男女の物語である。

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません