作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 あたしたちは近づいたり遠ざかったりする敵襲を警戒して、しばらく茂みに隠れていることにした。  だいぶ日が高くなってきて、暑さが増してくる。茂みの中はまだいくらかはマシなんだろうから、今、外に出たらきっともっと暑いに違いない。  こんな中を2日も歩いてきて、その前からお風呂に入ってないとなれば、そりゃあ多少の臭いもするのは当然だ。だけど、あたし的にはちょっと耐えられないなと思った。 「お風呂、入れないのツラくない?」 「まあな」 「敵がいなくなったら、すぐそこの池? みたいなとこで水浴びくらいしてきたら?」 「いや、そんな悠長にはしてられんよ。隊に合流しないと」 「合流?」 「この空襲でかなりかき乱されてな。皆散り散り逃げたからはぐれてしまったんだ」  そうか、仲間がいるんだ。 「ここはセンタニ湖という大きな湖なんだ。この西端のヤコンデというところが途中の合流場所になってる。その前にでも誰か会えると心強いが……」 「そうなんだ」 「まあ、遅くとも2、3日中に辿り着けなきゃ、死んだものと思われるだろうなぁ」 「死ん、そんな」 「未来ではそうそう死なんか?」 「事故とか事件は時々あるけど、戦争はないから」 「そうか。戦争がないのか、いいな。俺も勝って早くこんなとこオサラバしたいよ。もう戦争は御免だ。……ここへ来るまでにも沢山死んだよ」 「…………」  昇さんが小枝で泥をつつきながら、ポツリと呟いた。  こんなのって、ないよ。  いきなり話題がヘビーだ。  そりゃ戦争中なんだから当然だけど、急に死ぬとかそんなこと言われても困る。  頭がついていけない。  だけど。  こうしている間も、上空では本物の米軍機が飛び交い、地上を威圧している。  風が吹くと、爆撃で燃やされた煙の臭い。  南国の蒸れた草花の香り。  明らかに、あたしの知ってる日常とはかけ離れた臭い。 「そろそろ行くか」 「え?」 「弥生、お前はどうする?」 「えっと…」  どうする、って言われても、こんなところで置いていかれたら確実に死んじゃう。 「い、一緒に、行っても、いい?」 「女を同行させるなんて、軍規違反だな。見つかったら俺は軍法会議にかけるまでもなく処刑かもしれん」 「そ、そうだよね……迷惑はかけられないよね」  どうする? なんて聞いたくせに、連れていけないなんて。  期待して損した。  だったら最初から言わなきゃいいのに。 「かといって置いて行って敵に見つかりでもしたら、若い女がどういう目に遭うかなんてわかりきってるんだ」 「ちょっ……嘘でしょ?」  信じられないことに、昇さんがまた短刀を抜いて、あたしに迫る。敵の慰みものになるくらいならいっそ死ねってこと!? 冗談でしょ? 「やめ……っ」  さっきまであんなに優しくて、もう普通に打ち解けてたと思った昇さんが、あたしの髪をわしづかみにして強く引っ張り上げた。  助けて! 「今、この瞬間からお前は生男だ」 「へぇっ?」  ザリっザリっ  頭の上で鈍い音がしたと同時に、掴まれて皮膚が引きつっていた感覚が消えた。  見上げると、昇さんの手からあたしの髪がパラパラとこぼれ落ちた。  あ……髪……  泥だらけの手だってことも忘れて、あたしは自分の頭を探る。  いく、お……  あたしの、名前…… 「手をどけてろよ。髪は女の命というが許せ。軍規じゃ坊主なんだ。生きてりゃまた伸びる」 「う…うん」  刃が、頭皮を滑る。  頭、切れないかな……  ヒヤヒヤしながら、落ちる髪をただ眺めた。頑張って伸ばしたのにな。 「それにしても、女にしておくのがもったいない顔だな」 「それ、褒めてないよ」 「あはは、すまんな」  すっかり坊主頭になったあたしを満足げに眺めて、昇さんが冗談めかして言った。  そりゃ、あたしは男顔ですよっ。  結局、殺されるのかと焦ったのは取り越し苦労で、だけど女のあたしはここで一旦、死んだ。  白い服は目立つからと、汚れていない部分も泥を付けてわざと汚した。 「だけど、このまま合流して、あたし軍人じゃないってバレないかな?服だって…」 「軍服なら、道中でそのうち手に入るさ」 「どういうこと?」 「行けばわかる」  ちょっと言葉を濁すような昇さんが気になったけど、あたしたちは歩き出した。日が暮れるまでに少しでも足を進めなければならない。偵察機の目を盗むために、鬱蒼とした森の中を行く。森、なんてメルヘンな感じじゃなくて、ジャングル。なんとなく、裏の雑木林と感じが似てるかも。手入れされてなくって、道なんかなくて、いろんな木が不規則に生い茂ってる。 「トラとかいない?」 「そういうのはいないな。時々ヘビはいるぞ、毒があるのもいるから気を付けろ」 「ヘ、ヘビ!」  きゅるるる~ 「はっ」 「腹が減ったか。そうだな、昼飯にしよう」  お腹、鳴ってしまった。  恥ずかしい。  まだいくらも歩いてないけど、湿度が高くて疲労感がハンパない。南の島は日本みたいにベタベタしないって、だれか言ってなかったっけ? 泥まみれのせいもあるんだろうけど、日本の夏より鬱陶しいよ。 「よっ、と」 「はぁー、疲れたぁ」  岩場に腰掛け、昇さんがリュックを降ろした。袋の周りにいろいろなものが括り付けられていて、いかにも重そうだ。  くるくると筒状に巻かれた毛布みたいな布に、もうひとつ同じく巻かれた堅そうな布、キャンプとかで使う感じの飯盒? にシャベル、そんな感じのがリュックの周りに紐でくっついてる。 「重たそう」 「お前とどっちが重いかな?」 「えっ、そりゃ人のほうが重いんじゃ」 「どれ」 「きゃぁ!」  言うが早いか、昇さんがあたしを肩に担ぎあげた。 「おお、思ったより重いな」 「何それ! そういえばさっきも栄養状態が良いとかなんとかいって、女の子に向かって失礼じゃない?」 「女? どこに女がいるんだ? なぁ生男?」 「ばかぁ! 降ろして!」 「ははは」  降ろされた時、地面にドスンとならないように腕で支えてくれてた。  どきん。  顔が、近いよ。  日に焼けて浅黒い肌に、瞳の白と歯が眩しい。鼓動が一気に加速したのがわかった。 「ほら、食え」 「えっ、あっ、ありがとう」  降ろされたところでそのままボーっと立っていたあたしに、昇さんがクッキーのようなものを手渡してくれた。 「これ……」 「乾パンだ。知らないか」 「ううん、知ってる。昇さんは食べないの?」 「俺はお前と会う前に食ったからいいんだ」  手の平に、ちょこんと乗った数個の乾パン。昭和19年なんていうからどんなものが出てくるのかと内心ヒヤヒヤだったから、見たことがあるものを見ることができて、なんだかホッとした。  カリカリの堅い乾パンを口の中で溶かすようにしながら噛む。噛んだら、小麦粉のかすかな甘みが次第に口の中に広がってきた。避難訓練で食べたときはつまんない食べ物だと思ったけど、結構いけるかも。うん、意外と。 「おいしい」 「そうか? なら良かった。俺はあまり好かんがな。日が暮れて敵機がいなくなったら飯を炊いてやるからな」 「お米、あるの? お米ってすごい貴重なんじゃないの?」 「そりゃ、本土の話じゃないか?」 「そうなの?」 「俺がいた頃は配給といったってまだ普通に食ってたけど、後から来た奴の話じゃあ白い米を見るのは久方ぶりと言ってたからな」 「へえ」 「まあ、ここでも貴重には変わりないがな。他の食糧と合わせたって、せいぜい10日分くらいだからなぁ」 「そっかぁ」  なんとなく、お米って着物を売って闇で買うくらい貴重なイメージなのに。同じ終戦前でも、本土よりこっちのほうが食べ物が豊富ってことなのかな。食糧10日分ってことは、それくらいで別の基地に着く予定なんだな。なんとなくそんなことを思った。 「あー、おいしかった。おかわりしてもいい?」 「また明日な」  えー、これだけかぁ。正直、全然足らないけど、分けてもらって文句は言えない。 「さ、行くぞ」 「あ、うん」  手際よくリュックに毛布や何やらを括りなおして歩き出す昇さんのあとを追う。  雑草が足に絡みついて歩きづらい。素足の部分に当たって痛痒い。はぁ、サイアク。 「はぁ、はぁ……ちょっと、待って」 「大丈夫か? もう少し行ったら、まだ日はあるが今日は休もう」 「う、うん……」  普段だって別に運動してないわけじゃないし、通学だって毎日チャリ通のあたしは、人並みには体力があるほうだと思ってた。  玲奈と東京に遊びに行ったら1日じゅう歩き通しだったりするから、歩くのも全然平気のつもりだった。  なのに。  真っ平に見えてそうでもない土の上を、蒸し暑さの中マリンシューズで何時間も歩き続けるのは、思ってた以上に疲れる。乾パンだけじゃスタミナがもたないのもあると思う。  水も昇さんが昨日沸かしたものをもう飲み切ってしまって、トイレに困るかもと心配したのにまるで出る気配がない。  きっと汗で、みんな出てしまったんだ。  これって熱中症なるんじゃない? もうなってるかも? っていう状態で、歩き続けてる。  息をして、足を前に出し続けるだけなのに、それが困難になってきてる。  前を歩く昇さんは、大きな荷物を背負って、ショルダーバッグも下げて、腰にもいろいろぶら下げて、そんな重装備でここに来るまでも歩き続けてきてるっていうのに、元気そのものでずんずん進んでく。  対するあたしは、ポケットにスマホが入ってる以外には何も持っていない身軽さで、この有様。  男女差もあるとは思うけど、軍人さんは鍛え方が違うんだなって、感心する。  それにしても、身長が高いんだな。  足も長い。  なんとなく昔の人って背が低くて短足のイメージがあったから、ちょっと意外。  バサバサバサ! 「ひゃっ」 「鳥だよ。心配ない」  木の上で音がして、敵でも潜んでたのかと焦った。 「わ、すごい!」 「空が静かになると、出てくるんだ。この辺りは特に多い。湖の側だからかもな」  見上げたら、熱帯植物園の鳥舎かと思うほどの絶景だった。  木々にとまる、カラフルな鳥たち。  まるでフルーツみたいに、宝石みたいに。  そうか、熱帯、ってこの辺りのことだもんね。  自然の中に、普通にいるんだ。  動物園とかペットショップにいるのが普通だと思ってた。  もともとは野生動物なんだってこと、考えたこともなかった。 「きれー…」 「女は派手なものが好きなのは今も未来も一緒なんだな」 「今も?」  ずきん。  昇さんがいう、「今」の女って……  あたしはもう、このほんの少しの間に、昇さんを意識しだしてる自覚がある。  たぶん、好きに、なってしまってる。  優しくて、逞しくて、自分だって大変なのに冗談を言って笑わせてくれるこの人を、好きになるなと言われたらそれは無理だと思う。  だけど、あたしより歳も上っぽくて、もしかしたら日本に奥さんがいたっておかしくない。  そしたら、諦めるしか、ないけど。  あたしは昇さんの次の言葉を、息を止めて待っていた。 「お前、歳はいくつだ?」 「じゅ、17」 「そうか。照子より上だな」  ゴクリ。乾いてあんまり出ない唾を飲んで、喉が鳴る。照子さんか……。 「まだ12かそこらの子供のくせに、モガに憧れてな。赤い靴と帽子が欲しいって親にせがんでたりしてたよ」 「ふうん…」  12歳……ってことはまだ子供だよね。モガっていったら、まだ着物ばっかりのこの時代で洋服を着る女の人のことだよね。おしゃれが好きな子なんだな。妹さんとかかな? それを聞いたあたしは、ホッと胸をなでおろす。 「……もう、15になるかな。歳は8つ離れているが幼なじみでね、兄妹みたいに育ったんだ」 「そう、なん、だ」  ずきん。収まりかけた胸の痛みがぶり返して、キリキリと締め付けるような痛みに変わる。昇さんは8つ上ってことは23歳……オトナの男の人だ……。 「どうしているかなぁ。弥生みたいに、髪が伸びているかもな」 「もしかして、好きだったりした?」  懐かしそうに目を細めて話す昇さんを見ていたら、つい、からかうように茶化して訊いてしまった。訊きたい、でも聞きたくない、そんな質問なのに。 「どうかな? 今にして思えばそんなような気もしないでもないけどな。でも、俺の知ってる照子は12歳のままだから、やっぱり妹だな」 「そ、か。元気にしてるといいね」 「そうだなぁ。皆、達者にしてるといいが……本土もあちこちやられてると聞くからなぁ」 「…………」  本土、つまり日本も、この戦争で攻撃を受けていたんだよね。 「なあ、本土は、無事か?」 「う、うん! 少しはいろいろあったみたいだけど」 「そうか、なら安心だな」  あたしは、戦争の詳しいことなんて知らない。だけど、映画になっているだけでも、東京や広島、長崎、沖縄……って、いろんなところが辛い目に遭っていることは知っている。きっと映画の舞台になっていないところだって、相当な被害があったと思う。  だけど、今の昇さんには、言ってはいけないような気がして、また嘘をついた。  それから、歩きながら地元トークをたくさんした。会話があると、ないより疲れを感じない気がして、気が付いたら空が暗くなりだしている。いつのまにか結構な時間が過ぎてたんだ……。  暑さもだいぶマシになってきていて、そのせいかさっきまでより体が軽い。 「軍にはな、独特の言葉遣いがあるんだ」 「あ、わかるよ! 『自分は、特攻隊に志願するであります!』とか言うんでしょ」 「あはは。少し変だけど、そうそう、そういう風だよ。そういえば、前に言っていたジエイ隊やそのトッコウ隊というのはどういう?」  昇さん、自衛隊はともかく、特攻隊を知らない? もしかしてまだこの時代にはなかったのかも。あたしは自分で自分の戦争知識の曖昧さに呆れた。  しかも面白がられちゃって、こういう時に出す話題じゃなかったって凄い反省。あたしの馬鹿。 「特攻隊は確か『特別攻撃隊』っていうのの略でね」 「ああ、潜航艇の事か。聞いたことがある」 「んー、それもあるけど。それって潜水艦でしょ?」 「未来ではそう呼ぶのか。潜って進む船のことだろ」 「うん。で、あたしが言ったのは戦闘機だよ。飛行機が爆弾と片道燃料を積んで敵の船に体当たりするの」 「そんなバカな……。爆撃機を使い捨てにするなんてあり得ない」 「それがあったんだよ。この作戦は日本が」 「日本が?」  もう優秀な操縦士も充分な燃料もなくて、って言いそうになって、慌てて口をつぐむ。  負けたって、わかってしまう。 「この無茶めの作戦で日本が勝ったんだよ。今の時点だとまだ行われてないのかも」 「そうか……楽には勝たせてもらえないんだな、体当たり前提で飛ぶなんて」  昇さんの表情は、もう暗くてよく見えない。だけど、それまでの明るいトーンの声じゃなくて。  木の上の鳥たちも巣に帰ったのか、静まり返る森の中で昇さんの声が重く響いた。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません