作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 人気のない荒れた畑の隅に、木造のバス停みたいな小さな上屋があった。  そこにもたれかかるようにして軍服の男の人が座っているのが見える。 「あの人! 日本軍の人!?」 「そのようだ」 「寝てる? 具合でも悪いのかな?」 「…………」  何も言わない昇さんの様子が気になったけど、あたしは味方を見つけた気持ちでテンションが一気に高まっていくのがわかった。 「行くな!」 「えっ」  はやる気持ちが抑えられなくて、足早になっていたあたしを昇さんが止めた。  そうだった。あたし、この格好のまま他の軍人さんに見つかったらマズいんだった。昇さんの後ろに戻り、隠れるようにゆっくりとついてゆく。  だけど。  その人に近づくにつれて、異様な臭いがするのに気づいた。  甘い、独特な臭い。  その臭いで、薄々気付きかけたけど、その時のあたしはまだそれを認めたくなかった。だから、そのまま足を止めずに近づいた。 「ひ…っ!」  その人の顔にはおびただしい数の虫が張り付いていて、くぼんだ目や、半開きの口の中へも虫が出入りしていた。  死んでる!  そう思ったけど、かすかにお腹が動いた。 「昇さん! 生きてる! この人、生きてるよ! どうしよう、こんなに虫付いちゃって、助けなきゃ!」 「よせ」 「だって」 「もう死んでる」 「嘘! 生きてるよ! 今お腹動いたもん、息、してるんだよ!」 「腐ってガスが溜まってるだけだ。それにもし生きてたところで、薬もない。何もしてやれることなんかないんだ」 「そんな……酷いよ、昇さん」 「……なんとでも言え。お前の時代じゃない」 「あ……」  何もしようとしない昇さんに、つい、言ってしまった。お前の時代じゃない、なんて言われて、それはそうなんだけど、って、気持ちの持って行き場がなくて、あたしは素直に謝ることができなかった。  戦争中なのはわかってるけど、あたしだって好きでこんなとこに来たんじゃない。  なんでも揃って医療も充実してる時代に生まれたのだって、あたしが選んで生まれたわけじゃない。  恵まれてる奴は余計なこと言うなみたいなのは、正直、言われたくなかったな。  そんなあたしをよそに、昇さんはその軍人さんに長いこと手を合わせてたけど、それが済んだらその軍人さんの靴を脱がし始めた。  昇さんが触れたことで、軍人さんの体がかすかに揺れた。  その瞬間。 「あっ、嘘……っ」  くぼんだ目から、ドロリと何かがこぼれ落ちた。  一緒にくっついてた小さな虫が、地面を逃げていく。  あれって……  眼球だ………!  どうしよう。  見ちゃった。  すごいもの見ちゃった。  この人、本当に死んでるんだ……  そう思ったとき、またお腹がぐにょりと動くのが見えて、中が腐ってガスが充満しているところを想像してしまって、思わず吐いた。 「う、うぇ……」 「だから待っていろと言ったんだ……」 「だ、だって、うえぇ……っ」  人が死んでるのなんて、初めてみたんだよ。  お葬式とかでならあるけど、座ったまま腐ってるのなんて、普通見る機会なんか絶対ないよ。  無理だ。  こんなとこ、無理。  吐き気は収まったけど、体がぶるぶると震えだして、涙が止まらない。  自分の歯がカチカチと鳴る音を聞きながら、骸骨がカタカタと笑うのが頭に浮かんで、また恐ろしくなった。  死ぬんだ。  人は、死ぬ。  ここにいたらあたしもすぐあんな風に……  そう考えたら、怖くて怖くてしかたがなくなって、あたしはその場でへたり込んでしまった。 「これを履いて」  昇さんが、静かな声でそう言って、軍人さんが履いていた靴をあたしの顔に近づけた。その冷静さが、ショックで。  それ、死んだ、亡くなった人の靴だよね?  しかも死体に集った虫もついてるような不潔な靴だよ。  洗ったって、そんなの使いたくないよ。  気になり始めてる人の側にいるのにお風呂にも入ってなくて、その上こんなの履くとか、もうこれ何の罰ゲーム?  昨日の昇さんだったら、仕方ないな、って、抱きしめてくれたんじゃないかとか、あたしがさっきあんなこと言ったから怒ってるんだとか、そんなことを思ったら余計に泣けてきて、自分でもなんで泣いてるのか訳がわからなくなってきた。 「服も拝借する。腐敗が進んでいるから崩れて臭うかもしれん。離れていろよ」  あたしは、動かなかった。  というか動けなかった。  あたしは令和の人間で、高校生で、受験生で、きっと本当は今頃めんどくさい授業をなんとなく受けて、お昼になったらお母さんの作ったお弁当を食べて、午後の授業が終わったら玲奈とスタバ寄って、帰ったらご飯食べてお風呂入ってスッキリして、ネットの見放題で映画見て、そんでふわふわのベッドで寝るんだ。  なのになんであたしは今、腐った死体を目の前にして、しかもその人の靴を履けなんて言われてるの? しかも服まで着ろって。  髪だって一生懸命伸ばしてたのに、いびつな坊主にされて。  いきなり過去に飛ばされて、だけどこんなところじゃなかったら、戦時中だってちゃんと女の子でいられて、出会うのは昇さんじゃないかもしれなくても、もっと可愛いあたしとして恋が出来たんじゃないかとか、もう、あたしの中は過去と未来が混ざったせいで、現実と想像の区別がなくなったみたいにぐちゃぐちゃで。 「もう………嫌だよ……こんなとこ、いたくない……」 「弥生」  雨が、降りだした。  明るい空から降る雨が、軒先から滝のように流れ落ちる。  草木を雨が打つ音は、まるで決断を迫るドラムロールみたいにあたしを包囲してる。 「ふ…っ、うわあぁぁああ」  その責めるみたいな雨音に耐え切れなくて、あたしは敵に見つからないようにみたいなことも考えられなくって、感情のままに泣き叫んだ。  そんなあたしに、なおも冷酷に昇さんが言い放った。 「選べ弥生。ここで弥生として死ぬか、この軍服で生男として俺と生きるか。ふたつにひとつだ」 「……っく、ひっく……」  答えられるわけ、ない。  どっちも無理だよ。  死にたくなんかないし、そんなの着たくない。でも。 「ひっく……帰れないくらいなら、もう、死んだって、っく、いいよ……」 「弥生!」 「痛っ」  あたしは思ってなんかいないけど、でも嘘でもない、半ば投げやりな言葉を呟いた。そうしたら、昇さんが凄い剣幕であたしの両肩を強く掴んで揺さぶった。  指が食い込むくらいの強さで、掴まれたところが痺れるみたいに痛い。 「ちょっ」 「頼む。どうか辛抱してほしい。お前の住んでいた未来の話を聞けば、今がこの上なく野蛮で下衆な時代なのは承知だ。その上ここは未開の地で、この時代の本土にいた俺でさえ不潔で非文明的な場所だと感じている。だけど俺はお前をこのまま置いて死なせるわけにはいかないんだ」 「昇、さん」  昇さんがあたしの座り込んだ高さまで腰を落として、見上げるようにあたしに語りかけてくる。 「髪を切ったときにもうお前が覚悟を決めたと勝手に思っていた。だからこの期に及んで往生際が悪いと少し苛立ってしまった。すまない。俺もこんな仏さんを見て、自覚しているより動揺しているのかもしれない。これから先も道のりは険しく、こんな思いを何度もするだろう。それでも俺と来てほしい。どうか頼む」  真剣なまなざしと言葉が、あたしの心を射るように、まっすぐ向かってくる。 「お前のことは、必ず俺が守るから。そのためには、なんだってするつもりだ」  そうだ。  あたしは、不安だったんだ。  浮ついた気持ちで昇さんを意識して、そのドキドキでごまかしてきたけど、あたしはずっとこの時代のこの場所でアウェイで、頼れる人が昇さんしかいなくて。  なのにその昇さんがこんな、亡くなった人の衣服を剥ぎ取って平気な顔をしてるなんて、なんだか知らない人になってしまったみたいで。でもそうじゃなかった。  こんな得体のしれないあたしの話を信じてくれて、さっきだってこの人にすごく長いこと手を合わせてた。あたしのために衣服を取り上げることを、詫びていたのかも。  軍服が道中で調達できるって言ってたの、こういうことだったんだ。森の方で出会わなかったから、湖岸のそばまで来たんだね。あたしはようやくそのことを理解した。  テントが半分になって窮屈でも、笑って、笑わせてくれた。虫を怖がったあたしを自分の上に乗せて、寝返りもしないで一晩過ごしてくれた。  半分……  あれ?  そういえば。  昇さん、今朝、乾パン食べたっけ?  昨日のお昼だって。  それに、晩のみそ煮ご飯だって、やけに早く食べ終わってた。もしかして、あたしに分けるために、自分の分を減らしてるんじゃ……!  そうだよ、次の補給までの10日分って、昇さん1人分の計算で10日なんだよ。あたしが来たせいで、半分になってるんだ。  ううん、半分どころか!  慣れない時代に来てしまったあたしのために、自分の分を減らしてあたしに多くくれてるんだ。  あたし、馬鹿だ。なんで今まで気づかなかったんだろう。足らないとか、こんなんでも充分とか、どんだけ上から目線だったんだろう。不潔だからとか、キモいとか言ってる場合じゃないんだ。 「昇さん、ごめんなさい。あたし、今から生男になるよ」 「弥生……」 「名前の通り、男として生きる」  あたしは昇さんの手にあった靴を両手で受け取って、そう誓った。 ***  降りしきる雨が腐敗の臭いを軽くしてくれている。軍人さんの服も、軒から落ちる雨で洗うことができた。 「雨でよかったな」 「うん。でもこないだは晴れで良かったって言ってなかった?」 「晴れも雨も善し悪しあるさ。これだけまとまって降っている間は敵も飛んで来ないし、こうして洗濯ができるんだ。今日は雨がいい。お前は運がいいぞ」 「運が良かったらタイムスリップなんかしないよ」 「それもそうだな、ははは」  あたしがぷうと膨れてみせたら、昇さんも声を出して笑った。昇さんが笑うと、名前の通りおひさまが昇ったみたいに気持ちが晴れになる。  こんなところにタイムスリップしたのは運が悪いのかもしれない。だけど、ここじゃなきゃ、昇さんには逢えなかったかもしれないんだから、あたしはきっと運がいいんだ。  もう、昇さんじゃない人と出会って、なんて思わない。あたしは、この時代の、この場所で、昇さんと生きる。 「さて、やるか」 「なにを?」 「仏さんを埋めてやらんと」 「あ、あたしもやる」  雨の中、あたしたちは上屋の脇に穴を掘って、できるだけ丁寧に埋葬した。 「結局、名前はわからないままだね」 「背嚢があれば記名のあるものが他にもあるんだけどな。もう持てなくてどこかに置いてきたか、先にここを通った者が持ち去ったか」 「容赦ないね。あたしたちが言えた義理じゃないけど」 「皆、生きるのに必死なだけさ。誰も悪くない」 「うん」  衣服の記名は薄く擦れて読み取れなくて、彼の名前を呼ぶことはできなかった。それでも、心からの哀悼の意と感謝を込めて、手を合わせた。  ハイノウ、は、話の前後からしてたぶんリュックのことだと思う。中に身元の分かるものが入っていればなるべく本土に持ち帰りたかったとか、乾パンでも入っていればよかったのにと言っていたから。あたしと食糧を分けて何日も過ごすのは、やっぱり避けたいんだろうな。 それはそうと…… 人が入るだけの大きさの穴を掘るのは本当に大変で、潮干狩り帰りのあたしはどうしても思い出してしまった。貝を掘るのをあんなに大変だと思っていたのは、なんだったんだろうって。  潮干狩り……まだ昨日の朝のことなのに、すごく前のことみたいに感じる。あたしの人生は、昨日を境に大きく変わってしまった。  お父さんお母さんに葉月、晶や玲奈、学校のみんなはどうしてるかな。もう、会えないかな。今頃みんなあたしを探してるかな……  そう思ったら、ズキンと胸が痛くなった。だけどあたしは覚悟を決めたんだ。だから今は目の前のことだけ考えよう。  改めて心の中でそう誓って、顔を上げた。 「きゃ…っ!」 「あ?」 「なんでっ、そんな恰好…っ」 「ああ、すまない。サッパリしたくてな」  びっくりしたぁ。  昇さんのほうを向いたら、上半身裸になって雨を浴びていた。男子の上半身なんて別に見慣れてるけど、いきなりだったから。  それに……  すごく引き締まっていて、ホントに男らしいと思った。学校の男子とは全然違う。気持ちよさそうに両手でわしゃわしゃと頭をかき回してる腕が、肩が、まるで彫刻みたいに綺麗で……目が離せない……。 「あー、何日ぶりだろう。やっぱり今日が雨で良かった。お前もどうだ? サッパリするぞ」 「え? 無理!」 「ははは。頭だけでも洗っとけ」 「でも、髪乾かないし……」 「坊主頭が何を言ってる」 「あ、そうだった」  ぎゅうっと絞ったタンクトップを開いてパンパンと鳴らしながら水を切ると、昇さんはまだ濡れたままのそれを着て、手拭いで頭や顔を拭きながら空を仰いだ。  空が、さっきまでよりも一段明るくなっていた。 「そろそろ止むかな」 「止みそうだね」 「雨が上がったら、また森にに潜行するぞ」 「うん」  それを聞いて、あたしもまだ濡れたままの靴を履く。大きいから、マリンシューズを履いたままでその上から。  少し重たいけど、格段に歩きやすそうだと思った。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません