小説「夜の歌」
シャワー室に、二人

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「背徳感だな」と、俺。 「好きなクセに」と、彼女。 「誰か来たら、どうする?」と、俺。 「アジサイの下だね」と、彼女。  笑っている。  アカリは、きれい、だ。  それしか、ない。  虫が、うごめく。  さなぎに、なる。  からを、破る。  蝶に、なる。  蝶は、飛ぶ。 「あ、ガだ」 「ん?」  電灯に、ガ。 「ホタルガ、だよ」 「へえ」  どうでも、いい。 「考えてたクセに、虫のこと」 「へ」  振り返る。  虫。  そこにも。 「あ」  明かりが、消えた……  アカリは、いるのか……?  闇。  薄笑い。 「わたしじゃ、ないよ?」  明かりはないが、アカリは、いる。  本当に? 「蛍蛾や 明かりの消える シャワー室」  あ。  そういえば、ホタルガは、どこへ行った?

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません