よしなしごとをそこはかとなく書きつくるやつ。
ちょっといいことあったって話と体調崩したって話。

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

お久しぶりです。 更新しなさ過ぎて危機感を感じているよひらさんです。 (ひらさんじゃないです。) まず本題じゃないんですけど、 ステキブンゲイに縦書き機能とフォント設定機能が欲しい!!!! (どうでもいいけど)ぼくは、普段縦書きで書いてからステキブンゲイで最終変更をして作品を公開しておりまして、 そのときにフォントが変わって横書きになると印象がガラッと変わるんですよ。 まぁそれに合わせた作品作りをしろって話なんですけど、 縦書き明朝体の小説も読みたいじゃないですか。 ぼくだけかもだけど!!!!! まじで誰得な文章かましたところで本題に移ろうと思います。はい。 テンションがおかしいのは見逃してください。 ついていけなくなったらブラウザバックでお願いします。 まず一つ目ですね。 ちょっといいことあったって話です。 この間、ちょっと体調良くない+超眠い状態で電車に乗っていた四葩さんは 手すりに頭をよっかからせていたんですよ。 画としては手すりにお辞儀してるような感じですね。 それで寝よっかなと思って舟をこいでいると、 とんとんと肩を叩かれて、「座りなさい。」というようなジャスチャーをされたわけです。 颯爽と去っていってしまわれたので、ちゃんとお礼をすることができなかったのですが、 有難く座らせていただきました。 それで、その日は一日幸せな気分で過ごしました。 本当に有難うございました。 そして、二つ目の話。 体調崩したよって話です。 前からちょっと疲れてるなーという自覚はあったのですが、 授業にでなければという気持ちの下、休むことなく過ごしていました。 そして、昨日の金曜日11日(発掘しちゃった昔のやつ上げたせいでめっちゃ時間経ってしまった)にがくんと体調を崩したわけですね。 完全に体調管理の甘さの問題です。 引き金となったのは理科の授業で、 グロテスクなものが割と苦手なよひらさんは、二週間前の内臓を見ようの授業で体調を崩し、 二週間頑張っていたところ、結局眼の解剖でやられてしまいました。 開始十分くらいで図書室に移動させてもらったのですが、あまりよくはならず、 体調が優れないまま帰宅しようと友達と校門を出て、数メートル歩いたところで保健室に引き返しました。 付き添って荷物を持ってくれた友人には感謝しかないです。 「顔色がよろしくないよ。」と保健室に行くことを促してくれたのもその友人でした。 保健室の先生に症状を伝え、色々と対応していただいた結果、 帰るときにはかなり回復しました。 まぁ、良くなっては悪くなっての繰り返しなので完全復活とは全然言えないのですが。 そして、夜の校舎というのは新鮮でした。 冷たい空気が頬を掠めて、皆が知らない場所にいるという楽しさと優越感を味わっていました。 でも迎えに来てもらった母者の機嫌がすこぶる悪かったので、あと半年は早退できないなーの気持ち。 病院に行く行かないの話も家に帰ってから聞いてみたのですが、「聞こえてたでしょ」のひとことでございましたはい。 ってことで季節の変わり目体調に気を付けてください、って言おうとしたけどもう季節変わったか。 何はともあれ寒くなってきましたので皆さんぼくのように体調を崩さないようご自愛ください。 ばいばーい

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません