作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

これを今読んでくださっているあなた様(なんか違和感なのでAさんと呼ばせていただきます)おはようございます。 初めましてかは分からないのでとりあえず簡潔に自己紹介をさせていただきます。 四葩という名前のそこら辺にいる変なやつです。 レア度もそこまで高くない紫陽花です。 綺麗なものと透明感のあるものが好きです。 はい、結局プロフィールをコピーしてぺってした感じになりましたね。 よくわかんないときに発掘されるいつか無くしたポイントカードくらいの認知度を頂けたら幸いです。 さて、この黒歴史となるであろうこの文章。ここまで読んでいただいたAさんなら何となく感じていらっしゃるでしょうが、ひたすらゆるく中身のない文章が続いてゆきます。 なので「暇。」となったバスや電車の中、そしてこの紫陽花の生態に興味をもっていただいた超レアなAさんに読んでいただければと思います。 書いてほしいテーマや質問があればコメントの方によろしくおねがいします。 ということで、またどこかでお会いしましょう。 おやすみなさい。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません