よしなしごとをそこはかとなく書きつくるやつ。
本当に思ったことをほわーんていうくだらない回

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

どうもこんにちは。 最近新たな界隈開拓して幸せな四葩さんです。 ただ、どこに地雷あるかわからん同担(個人に関しては定かではない)が近くにいるのでバレないよう必死です。 さて、今回は特にテーマとかございません。 タイトルの通りゆるーっとふわーっと駄弁る回です。 中身がないとか言わないでください。この作品ずっとそうですから。 そういえば、ステキブンゲイの利用者さんが増えているとかいないとか聞きました。 いやぁ、めでたいですね。 ぼくもそれを聞いてマイページ見たら小説のviewsがちょっと増えていて、嬉しかったです。 まぁ、これが理由かは定かじゃないですけど。 あと、先日公開したこれの一つ前のエピソード。 ステキチャンネルの企画に参加させていただいたときの感想なぞなぞを書いたものが少し伸びていて驚いております。有難うございます。 それにしても、おもしろ記事は読んでいただくのですが、一番頑張った小説はなかなか伸びないんですよね。 努力が足りないの一言で一蹴されそうですが。 これは絵師さんでも、歌い手さんでもどこの界隈に行っても結構起こる現象だと思っています。 「固定でツイートしてる本気絵(絵に限らず)ほど伸びない」 本当になんなんでしょう。 でもぼくは知っているのです。 『ちょっと僕のアカウントのヘッダー見てみて!』 というツイートは見に行ってもらえるのですが、 『ちょっと固ツイの作品読んで!』 というツイートは見に行ってもらえないということを。 まぁ、ぶっちゃけ面倒くさいですしね。 クオリティが確実でもない長さもわからない小説を読みに行くなんて。 正直、ぼくもそういうツイートを見て腰を上げるタイプではないので何も言えないのです。 絶対的な信頼があれば話は変わるのですが、 すっごくクオリティの低いものが待っているかもしれないとなると読みには...行きにくいですよね。 ましてや小説なんて読んでる自分が恥ずかしいとか言われそう。 その点で、おもしろ記事は小説よりある程度安心できますからね。 他人が敬語で打ったLINE見てるもんだとでも思えば。 しかも、ツイートについて付け加えるとすれば、どのツイートが誰に届くかも分からない。 ある種の運ゲーでもありますよね。 まぁ、確かな品質がなければ運があってもダメなんですが。 品質が高ければなんでも伸びるということでもないわけで、長く根気強くやるしかないという基本に帰ります。 日々精進 それにつきますね。 新作も書いてはいるんですが、何せまとまらん切れ端だらけで。 あまりにも多すぎて、それらを供養する場所をステキブンゲイに作ろうかなとか考えております。 さて、一回目書いたときは1000字いったくらいだったのに見直しをして帰ってきたら100字くらい増えております。謎ですねぇ(殴 そんなところで今回は終わりにしようと思います。 今日もお読みいただきありがとうございました。 おやすみなさい。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません