0
0
新人作家 ステキユーザー
ヒューマンドラマ 全7話 連載中
「二〇一九年、メキシコでは麻薬戦争で三万五千人が死んだ。十万人あたり三十人弱が死んでいる計算だ。対して、二〇一九年、日本では自殺で二万人が死んだ。十万人あたり十六人弱が死んでいる計算だ。メキシコの半分だな。安全な国だぜ。安全な国だよな? 自殺は殺人じゃない。大抵の場合、罪人たる犯人はいない。そうだろ? 自殺は誰も悪い人がいない事案さ。そういうことになっている。そういうことにしてるんだ。十万人あたり何人かの犠牲者、ってのは実に安全で平和な論法だよな。」 男は自殺寸前の人間(私たち)に語り続ける。 男の語るエピソードそれ自体はどうしようもなく悲惨とも言えるものだが、その語り口には閉塞感にまみれた現代を生きるためのユーモアがある。 ※11月23日の文学フリマ東京でこの作品を載せた『Alt + 』という本を出します。こちらはその試し読み版となります。 『Alt + 』Twitter: @Altplus_bungaku

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません