朝ヘ走レ
青春 全4話 完結済み
マスクを外すにもオトナの許可がいる、マスクが「ふつう」になった世界。 「外せるとこまで、行ってみようよ」 強引な少女に誘われて、少年も走りだした。 息苦しい今を駆けぬけて、どこかへ。

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500
あさばみゆき 2021/04/03 12:50

>花菜子さん わあ! 嬉しいご感想をありがとうございます♡ 描写をほめていただけて、とても嬉しいです。マスクが当たり前、本当にリアルになってきましたね。どうか花菜子さんもご自愛くださいませ~!

花菜子 2021/03/31 16:58 (編集済み)

私としてはSFっぽさはあまり感じず、マスクが当たり前!の世界にすんなり没頭できました。面白いです。 短いお話なのに、情景描写がみずみずしくて、海の景色が目に浮かぶようでした。 中学生くらいの心の動きがリアルだし、かわいらしい(*・ω・)