螺旋
1-4

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 5月中旬頃から学校をちょくちょく休むようになっていた恭一郎。バイトにはちゃんと行っている、そのため平日は学校帰りに来ているためわざわざ制服に着替えて出勤している。もちろん学校を休むのは熱が出たとか体調を崩しているわけではない。ただ、なんとなく行く気になれなかった。いつもだったら申し訳程度の朝ご飯を食べて、急いで家を出て満員電車に揺られながら学校へ向かう時間帯。時間に追われることなくゆっくりと過ごす朝は快感であった。学校の授業が始まる頃に一人、部屋でベッドで横になっている、こんな日もあっていいと思うようになっていた。  ところがその『沼』に抜け出すことは徐々に困難となっていた、最初は週に一、二回くらいのつもりだったが朝を迎えると「今日も行かなくていいか」を積み重ねてしまっていた。  父親は当然の事ながら、母親も仕事をしているため朝は同じく準備に忙しく見過ごしてしまっていたが、さすがに黙っていられないと一度、母親に注意されてなんとか学校へ行った時があったがこの時、既に生活が昼夜逆転していたため授業中、睡魔に襲われて内容が全く頭に入ってこなかった。その生活の乱れを戻すことができずに翌週は遂に一週間まるまる休むというとんでもないことをやってしまった。  中間テストはなんとか受けろ、そう母親に言われて無理やり足を引きずるように学校へ行きなんとか受けたが授業もまともに受けずに在宅での勉強もしてこなかった人が良い点数など取れるはずもなく何教科か赤点を取ってしまい再テスト、補習を宣告された。  それで何か操り人形の糸が切れたかのように倒れこんでしまい6月からはもはや不登校と言ってよい状況に陥る。  恭一郎のここまでの高校生活は褒めるべきところである。成績も良い、学校行事にも積極的に参加していた。だから余計にそんな生徒が急に学校に来なくなったことに先生も両親も戸惑った。  やればできるんだから学校に来い、担任から電話がありこう言っていたと電話に出た母親から言われたがそんな言葉は何も響かない、むしろそんなことは分かっていますという態度ですらあった。  そう信じて高校生活に臨んだ。中学生時代は親が特別、厳しかったわけではないのでテスト期間が近くならない限り在宅での勉強はしてこなかった。受験勉強も中学3年の夏からようやく個別指導の塾へ通うというやや慌しいものであった。  中学3年生になって最初の進路相談で君の成績でいけそうな高校は限られ、希望している高校も入れるか微妙なラインと言われたのがショックだった。そこで初めて何も勉強をしてこなかった事を後悔して今からでも頑張ろうと奮起した。その努力は実を結び最初に希望してた公立高校に見事合格できた。  もう一つ憧れがあった。クラス、学年の中心になっている、手を上げて発言する人、黒板の前で、体育館の舞台上に立っている人達。そういう人達は決まって頭の良い人だった。それをいつも後ろから眺めている自分、それをいつの間にか羨ましいと思う自分がいた。最初はむしろ人前に立って発言したりすることは苦痛なはずだった、でもそこから脱したい、変わりたいと強く願う自分が存在していた。そう認めた時には既に遅し、周囲の恭一郎に対するイメージは授業中、静かで黙っている人、自分の意見を発言することはないというイメージで固まっていた。そんな中でいきなりそれとは真逆のことをする、普段やらないことをやるというのは相当勇気のいることである。各学年が文化祭で出す演劇発表の稽古風景を見て小道具製作に回っていた恭一郎は自分もやってみたいかもしれないとポロっと先生に言って「来年挑戦してみたら?」と笑顔で言われた。だが演劇のキャストなど毎年やりたい人は大体決まっていた。しかも来年とは中学校生活、最後の文化祭で新参者がいきなり飛び込むことなんてしていいのかという変な遠慮があった。だから恭一郎の進学した高校に同じ中学に通っていた人が一人もいないと分かった時はチャンスだと思った。自分のことをまだ何も知らない人達には新しい自分を見せていこうと意気込む、結果はその通りになった。  学校で目立つ存在になると女子からも気になる存在として認識される。たまにあの人、かっこいいという声はちらほら耳に入っていたがそれは今まで女子から興味すら持たれなかった人生を歩んできた者からすればちょっと信じられなかった。だが恭一郎は高校生になって初めて彼女ができる、しかも女性の方から告白された。これは夢にも思わなかったことだった。中学3年の時から急激に背が伸びてスリムな体型になり鏡をみた時、少しはかっこよくなったとは思っていたがこれで完全に自信を持つようになっていた。  恭一郎の高校生活は上手くいっていた—— 『最近、学校に来ないね、どうしたの?』  6月11日、吉川真里よしかわまりからきたメール。念願の彼女であったはずだが今では申し訳ないがどうでもよくなっていた。早い話このまま別れることになるだろうと。そのメールには返事は返さなかった。  他の人からも、同じクラスの友人を中心に心配するメールが何通か届く。最初は返事を返さなくても内容は読んでいたが、心配している人がいると思うだけで申し訳なさで胸が苦しくなり最近は読まずに削除してしまっている。  何度、考えてもどうしてこうなったかはいまいち分からない。今まで面倒だと思いながらも行けてた学校に急にここまで行きたくなくなってしまった理由が。  もしかしたら、本当は今だったら行きたいと思っているかもしれない。が、いわゆる世間の目というやつを気にすると、どうしても後ずさりしてしまう。何日も居なかった人が急にその場へ現れる気まずさ、自分が思っているより他人は気にしていないといっても本当にそうだと思える強靭な精神は持ち合わせていなかった。そして何より授業についていけない、これは休めば休むほど取り返しの付かないことになる。軽い気持ちで浸かってしまった沼に気がついたら抜け出したくても抜け出せずにいた。  そしてその沼の根底にある核、卒業した後はどうするという人生で初めて直面する悩みであった。これさえなければもしかしたらここまで酷くならなかったかもしれない。  明日は行ってみよう、そう思ったのも束の間、直ぐにそいつは牙を剥く。  中学を卒業して高校に進学する、今となってはこれもなんで進学する必要があったのかと聞かれても困るものがあった。皆、進学しているから自分もした、それが正直な答えだと思う。  もう直ぐ楽しい学生生活の終わりを告げる鐘の音が鳴るのが見えてしまっていた。あと4年、専門、短大でも2年あるじゃないかとは思えなかった。  1日、1年が経つのが幼少期と比べて早く感じる、この感覚の変化も大人になっている証か。まだ何年あると安心して胡坐をかいて今までのように変わらずにいたらいつの間にかまた今日のような思いをすることになるのが目に見えていた。  何のためにここまで生きてきたのか、極端に言えばここまで考えが及んでいた。一体何のためにここまで頑張って良い成績を取ってきたのか、その次に繋がるステージを見据えていたわけではなく単に中学生時代にできなかったことをするための自己満足に過ぎなかった。  そんな考えが頭を埋め尽くすと学校になんて行く気になれない。少し立ち止まって考える時間がほしかった。連日、朝にくる学校からの電話、それを鳴り止ませるためにも一つの答えを出した。 「あのさぁ、留年は駄目かな?」  辞めるでもよかった、でもそれは見えない圧力で言うことはできなかった。もう7月、夏休みに入ろうとしていた。口を閉ざしてた恭一郎からようやく言葉が発せられた。仕事から帰ってきた母にそれを告げると険しい顔をしながらもただ黙って数回頷いた。 「それでいいのね」 なんとなくこうなることは分かっていたという反応であった。 「いや、この先、何もやりたいこともなくてどうしたらいいのか分からないんだよ。だから少し考えさせて」 必要最低限の言葉であったが自分の気持ちを正直に話した、完全降伏するかのように平伏して暫くそっとしていてほしいと願うように言った。 「でも卒業はした方がいいんじゃないの? その後は好きにしていいから」 「その方が良いんだろうけど、それができたらこうはなっていないよ」  学校側からは夏休みを利用して補習、テストを受ければ卒業への道は閉ざされていないと言われていたらしいが聞く耳は持たなかった。周りはなんとか助けようとしてくれるのに、それを親切、有り難いとは思えなかった。一体、自分は何から逃げているのか、正体の掴めない何か、から逃げているようだった。  明日、母は担任に恭一郎の気持ちを話したが学校側はそれを許さなかったと言った。そして—— 「もしもそんなに学校に来れないなら通信制の学校へ移るのはどうだって言ってたけど」  思わぬ話が舞い込んできた、どうしても3年間で学校を卒業させたい学校側は他校への編入の案を持ち込んできた。  通信制へ移る、その発想はなかった。どうやら簡単にいきそうにないと判断した。こっちも確固たる信念があって留年と言っているわけではない。本当に留年したら歳が違う知らない人達と馴染むのが大変だという懸念も聞いて一理あると思った。  高校は卒業しておいた方が良い——そう、なぜ高校に進学したのかと聞かれたら就職、大学に進学するにも最低限必要な資格と言って過言ではない世の中だからと言える。当時の自分はそんな事は考えていなくても無意識にそのことがどこか頭の片隅にありそうしたのだ。  今はどちらもする気はなくても、今後なにがあるのか分からない何十年と続く人生を考えればこれも異論を挟む余地はない。 「分かった、それでいいかも」  気の抜けた声でそう言った。別の学校へ移るという大きな決断をあっさり決めてしまう恭一郎はその流れに身を委ねることにした。今はただ流されるままに。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません